『言語生活』85

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『言語生活』85

言語生活』第85号 昭和33.9 特集 日本人の読書 

国立国語研究所監修

筑摩書房発行

定価 70円


〈対〉日本人の読書  滑川道夫菅井準一

日本人の読書能カ その社会的条件の分析  裏田武夫

統計調査からみた日本人の読書   西平重喜・西平美恵子

こどもは文学作品をどう読みとっているか 望月久貴

読書指導上の問題点      飛田多喜雄

書評の型 村石昭三

〈ルポ〉"むらさき号"同乗記

あだ名で呼びあう町―遠州新居の「家のヒコナ」― 山口幸洋

最高潮に達した中国の識字運動 原田稔

(言語時評)子供の誤りの正しさ 山本健吉

(言語時評)<ガ>のない世界 遠藤嘉基

(言語時評)疑い読みとオクソク読み 上甲幹一

ハンブルク大学の回想 菊池栄一?

ことば 藤井尚治

声 杉森久英

(私の読んだ本)日本放送協会編「日本語の常識」NHK国語講座 見坊豪紀

(私の読んだ本)金田一春彦監修「明解日本語アクセント辞典」 吉沢典男

(私の読んだ本)山田忠雄著「当用漢字の新字体」 村尾力?

(録音器)キャンプ村にて

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。