『言語生活』46

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『言語生活』46

『言語生活』第46号 昭和30.7 特集・片かな平がな

国立国語研究所監修

筑摩書房発行

定価 60円

片かな平がな先習論の問題点 岩淵悦太郎大石初太郎柴田武上甲幹一高橋一夫永野賢村石昭三

(言語時評)政治の落語性 土岐善麿

(言語時評)言葉と合理主義 颯田琴次

(言語時評)口上 釘本久春

明治以来の正書法 池上禎造

平がな用法の歴史(明治以前) 阪倉篤義

過去におけるカタカナの用法の諸相 山田俊雄

総合雑誌片かな語 斎賀秀夫

(録音器)学園民主化! 

小学校の一年生に「かたかな」の学習をさせたらどういう結果がでたか 木藤才藏

にぎやかだった"かな"論義 高橋一夫

「ある」と「ない」 松浪信三郎

おもしろい話 畔柳二美

編集後記

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。