『言語生活』43

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『言語生活』43

言語生活』第43号 昭和30.4 特集・国語研究所は何をしてきたか

国立国語研究所監修

筑摩書房発行

定価 70円

(座談会)言葉と現代生活 福岡誠・桑原武夫・川島武宜・西尾実

(アンケート)国語研究所に何を期待するか 諸家(大久保忠利・古垣鉄郎・池上退蔵・新村出原富男……保科孝一……

語彙調査について 林大

話しことばの研究 中村通夫

言語効果についての調査研究 平井昌夫

言語能力の発達に関する調査研究 輿水実

地方言語研究室とそのしごと 柴田武

目の動きを調べる オフサルモグラフについて 村石昭三

アイウエオを目で見る ソナ・グラフについて 吉沢典男

こんなことをしてみたい―国立国語研究所若手所員座談会― 永野賢宇野義方北村甫林四郎水谷静夫村石昭三高橋太郎

(録音器)高校生=昼と夜= ?

(言語時評)かな問題の審議 土岐善麿

(言語時評)タンスとダンス 颯田琴次

(言語時評)読みぐせの問題 釘本久春

(相談室) 永野賢

バス談義 田付たつ子

古い言葉・新しい言葉 豊田三郎

言語雑感 渋沢秀雄

あとがき 高橋

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。