『言語生活』32

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『言語生活』32

『言語生活』第32号 昭和29.5

国立国語研究所監修

筑摩書房発行

定価 60円

(座談会)国語審議会は何をしたか―この二年間の業績― 土岐善麿金田一京助保科孝一千種達夫田口泖三郎原富男

国語審議会決定事項について 広田栄太郎

法令用語改善についての建議

外来語表記 国語審議会

当用漢字審議報告」について

(言語時評)大学の入試問題 土岐善麿

(言語時評)三万台の自動車 颯田琴次

(言語時評)日本語の中の外国語 釘本久春

当用漢字表の補正と新聞 宇野隆保

当用漢字表の補正に関する新聞社の意見の集計 日本新聞協会

大陸中国の「常用字表」 村尾力?

(私ならこうする)国語教師だったら マツサカタダノリ

(録音器)クツズミを売る男

(ことば風土記)安倍川のP音 望月信彦

(ことば風土記)プウ・スウ・トン・スウ 戸田吉郎

(ことば風土記)伊予の「ナモシ」と「ネヤ」 高橋正敏?

ロシア人の言語生活 南信四郎

<相談室>当用漢字新字体になった理由 林大

文学者語学者 魚返善雄

灰ふる街 丸山薫

編集後記 吉沢

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。