『言語生活』160

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『言語生活』160

『言語生活』

1965.1

〈子どもの遊びのことば




座談会〉「子どもの遊び」と「ことば」 小寺佐和子・田沢恭二・大久保愛高橋太郎田中章夫徳川宗賢

現代の子どもの遊び 平井信義

子どもの遊びのことばの系図 丸山久子

子どもの文字絵と絵書き歌 徳川宗賢

子どもの遊び文献目録 宮田登

外国の子どもの遊び(座談会

わたしはこんな遊びをした(指遊び・かごめかごめの一種・はやしことば・げたかくし・替え歌尻取り式のことば遊び(さよなら三角)・羽つき歌)・となえごと

「全国の読者で共同研究を!」ことば遊び(はさみことば・さかさことば)・買いもの(駄菓子屋に入る時)・物をあたえる・はやしことば・うらない・まじない・約束・決定(どれにしようか)・物を数える(ちゅーちゅーたこかいな)・わらべうた・しりとり歌・頭脚韻歌・ずいずいずころばし・指遊び・遊戯・遊戯の勧誘・別れのあいさつ



書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。