『萬葉語文研究』6

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『萬葉語文研究』6

和泉書院

2011.3

遠藤邦基「あさなぎ木簡

犬飼隆「天平期の学制改変と漢字文化を支えた人材」

馬場治宣命対句表現「進母不知退母不知」の典故

梅田徹「『延喜式』祈年祭祝詞における稲の豊穣」

小柳智一上代動詞未然形

竹内史郎「ト節にミ語法を含む構文

尾山慎二合仮名と略音仮名に両用される字母を巡って」

王秀梅「「將」と「マサニ」の対応関係について」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。