『萬國/新語大辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『萬國/新語大辞典』

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1235515

英文大阪毎日学習號編輯局

松光書院

昭和十年八月五日發行

      序

 近時外國語の我國に侵入すること殊に甚だしく、幼少の口にする、パパ、ママの類より日常、新聞雜誌に揚載せらるゝもの、會話に應用せらるゝもの等、その數全く枚舉に遑なき有樣である。

 然してこれらの外國語は英・獨・佛語は素よりロシヤ語ありスペイン語あり、蘭語より葡萄牙語に及び、その原語の複雜夥多なること實に驚嘆の至りである。中には佛語英語を結合せるもの、獨語伊語を交錯せるもの等これを一見して判讀するに苦しむものは少なくない。

 斯く新語の流行は、その善惡是非はさて措き、一通りその字義を知らざれば、事に當りて意義を徹底し得ざること度々あり、その不便計り知れざるものがある。依て今回萬國新語辭典編纂し、現代日本に於て流行せる新語一切を掲載し、更にその原語を収めて出所を明かにした。

 新語には語と語を結合して又一の語を成したるもの少なからす、假令ばストリームは「流れ」にして、ラインは「線」である、これを結合せしめストリームラインとして流行語たる「流線型」を成したるが如く、ステッキとガールを組み合はして、ステツキガールとなしたる等その例に乏しくない、本書には力めてその兩様を掲げたれども、これらの點を心得置けば新語の探索と語意を知るに極めて便利であるり

 中には外國語日本流に發音したる忘のも甚だ多い、レーヂオとラヂオ、バーニッシュをワニスと云ふが如く、又英國にてはウオーキングと稱するを日本にてはハイキングと唱へるが如き之れである、これらは何れも適當なる解説と共に原語を附して、字義を明かならしめた。

 本書には、原語發音に拘泥せす、我國にて言ひ慣らされたる發音通りに掲げ、説明は平易を旨とし、且所々に引例を示して會得を容易ならしむるに努めた、今や新語辭典の開版は、汗牛充棟も啻ならぬと雖も、本書の如く、日本語として使用せらるゝ有ゆる外國語を収容したるものは未だ嘗て見ざるところであり、本書の齎らす効果に至りては絶大なるものあるべきを信じて疑はざるものである。

 昭和十年六月  英文大阪毎日學習號編輯局

イロハ順

イート~スモック


イ 1

ロ 20

ハ 29

ニ 57

ホ 62

ヘ 88

ト 108

チ 138

リ 159

ヌ 189

ル 190

オ 201

ワ 238

カ 249

ヨ 300

タ 303

レ 339

ソ 377

ツ 396

ネ 403

ナ 416

ラ 429

ム 470

ウ 474

ノ 524

ク 543

ヤ 622

マ 626

ケ 681

フ 694

コ 825

エ 868

テ 929

ア 969

サ 1051

キ 1085

ユ 1103

メ 1113

ミ 1129

シ 1147

ヒ 1196

モ 1226

セ 1241

ス 1262-1304

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。