『英語から生れた現代語の辞典』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『英語から生れた現代語の辞典』


大増補改訂

大正十三年七月十日印刷 大正十三年十二月廿三日四十版

大正十三年七月十五日發行 大正十四年四月二日五十版

大正十三年八月十七日十版 昭和三年六月二十日六十版

大正十三年九月十五日二十版 昭和三年十一月十七日七十版

大正十三年十一月三日三十版 昭和四年五月八日八十版

昭和五年三月一日大増補改訂八十七版發行

昭和五年四月八日百版發行

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1900777

ルーイン(Ruin) ①滅亡。破滅。没落。②廢趾。舊蹟。

ルート(Rood) 十字架。

ルート三(√3) 封又は〆の意に用ひらる。

ルードネス(rudeness) 失禮。粗暴。無作法。

ルーチン{Routine) 手績。慣例。

ルール{Rule) 規則。支配する。

ルールバック(Roorback) 流言蜚語(政治上の目的を以てせるもの)。

ルール、カッター{Rule cutter) 罫線切器(活版印刷用語)。

ルーラー{Ruler) ①簿記棒。②活版印刷用の印肉棒。ローラー(rolller)とも云ふ。③支配者。

ルーラド(Roulade) (音樂)急奏。

ルーム{Room) 室。部屋。場席。余地。

ルーマー(Rumor) 風聞。流言

ルーフ{Roof) 屋根。住家。

ループ{Roop) 競賣。

ルーブル(Ruble) 留。露国貨幤。

ルーフ、ガーデン{Roof-garden) 屋上庭園。

ルーエイ(Roue) 淫奔者。放蕩者。漁色家。

ルーテル(Luther) 獨逸ウイツテルベル匕の大學教授であつたが基舒教会の腐敗に憤慨して改革を主張し新敦を唱道した人。種々の迫害に遭つたが希臘語聖書獨譯を完成して歿した。(千四百八十三年生。千五百四十六年歿)。

ルーデ、サック(Rutensack) ①ゴム製の花柳病豫防袋。②避姙袋。

ルーズ(Loose) 緩い。自堕落な。淫猥な。【例】彼はルーズな男だ。

ルーズベルト(Roosevelt) 米国第廿六代の大統領。日露を誘ひてポーツマス條約を成立せしめた。(紀元一千八百五十八年生)。

ルーズ、リーフ(Loose leaf) 加除自在帳簿などを云ふ。

ルーン(Loone) 馬鹿者。阿呆。

ルソー(Rousseau) 「民約説」を著はして自由民権思想を鼓吹し遂に佛國大革命の氣運を促した佛國の文學者。(紀元一千七百十二年生。一千七百七十八年歿)。

ルッカー (Rooker) 詐欺師。

ルック、オン(Look on) 傍觀する。

ルッキング、グラス「Looking-glass) 鏡。

ルネッサンス(Renaissance) 歐洲に於て十四世紀より十六世紀にかけて起りし文藝復興時代文藝復興時代様式(主として建築の様式や繪畫の畫風に云ふ)。

ルナ、パーク「Lunar park) 月の公圜。夜の公園。

ルクセンブルグ(Luxemburg) 白耳義の東南に隣せる、ルクセンブルグ國の首府。

ルブリック(Rubric) 朱書。赤見出し花押

ルデスハイメル(Rudesheimer) 獨逸ライン河地方にて製する一種の白葡萄酒。

ルアーブル(Le Havre) 佛國の貿易港。

ルビー(Ruby) ①七號活字。(これが七號活字です)振り假名。②紅玉(寳石)。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。