『美しい日本語講座』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『美しい日本語講座』

昭和六十一年十月一日 初版発行

 日本放送協会学園



第一章 日本語の表現 菅野謙

 はじめに

 一 日本語の乱れ

 二 変わる言葉と変わらない言葉

 三 耳の言葉と目の言葉

 四 日本語の表現の特徴……敬語

 参考


第二章 暮らしと暦 高橋忠允?

 はじめに

 季節の中の暮らし

  『徒然草』にみえる風景

   一 自然の推移と人間の営み

   二 灌仏の比、祭の比、菖蒲ふく比

   三 七夕祭るこそなまめかしけれ

   四 空のけしき、昨日に変りたりとは見えねど

 暦と日常生活

  時間の流れと暮らしの展開

    一 旧暦?から新暦?

    二 二十四節気?、その周辺

    三 暦注いろいろ

    四 干支のはなし

 四季折々の行事

  伝承的なものと伝来したものと

   一 中国伝来の儀礼の名残りをとどめるもの

   二 仏教にかかわりある行事

   三 伝承的・土俗的な行事

 参考資料〈祝日と主な記念日〉




第三章 方言読本 徳川宗賢…6

 はじめに

 一 方言とは

  ことばの多様性

  じゃりん子チエ?

  博多っ子?とぼっけもん?

  日仏の比較

  人物の造形

  放送方言

  方言とは何か

  特色のあらわれる所

  ことば機能

 二 方言歴史

  八世紀方言

  東歌防人歌

  東歌防人歌の問題点

  現代方言との比較

  縄文時代ことば

  弥生時代ことば

  熊襲?と隼人?

  蝦夷?ことば

  平安時代方言

  権威の動揺

  東国抄物

 三 上方ことば関東弁葛藤

  キリシタン資料

  十七世紀?初頭の東日本

  江戸の誕生

  江戸変化

  江戸上方

  上方ことばの地位

  新しい標準語

  言文一致

  冬の時代

  ラジオテレビ

 四 方言論争

  昭和十五年一月

  沖縄言語史教育

  ゆれる心

  標準語への傾斜

  方言札

  生活と標準語

  敗戦後の沖縄

  論争の発端

  その展開

  学務部の声明

  柳氏の反論

  激しい反発

  県外への波及

  杉山平助の登場

  第二次声明

  論争の終結

  論争をふりかえって

 五 方言の将来

  テレビ時代方言

  逆行する変化

  家族のよびかた

  共通語変化

  新しい方言の誕生

  個性としての方言



第四章 「いろは歌」前後 山崎孝雄

 一 「いろは歌」前後

 二 現代いろはがるた?

 三 古来のいろはがるた

 四 「かるた」の語源


第五章 暮らしの中の気象のことば 松岡新兒? 浅井真慧 篠原朋子?

 一 日本の四季

  第一章 春

  第二章 夏

  第三章 秋

  第四章 冬

 二 暮らしとお天気

  1風

  2雪

  3雨

  4霧

  5新しい予報?技術


第六章 話しことば(三)みんなで話そう ことばと体面心理- 稲垣吉彦

はじめに

"殺され文句"

相手の心理に突き刺さることば

よけいなことを言ったばかりに

口は禍のもと

人間関係の客観的把握

なにげなく言ったことばへの反応

人と人とのあいだの深い川

相手に好印象を残すことばを意識的に使う

「サン」の待遇・「クン」の待遇

「ラーメン作れ!」のひとことが死を招いた

従慂?・依頼?の体面心理

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。