『続「訓読」論

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『続「訓読」論

中村春作

市來津由彦

田尻祐一郎

前田勉

『続「訓読」 論 東アジア漢文世界の形成』

勉誠出版

2010.11.15

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=28001



まえがき

中村春作「「訓読」論から東アジア漢文世界の形成を考える」


Ⅰ東アジアにおける「知」の体内化と「訓読

 齋藤希史読誦ことば――雅言としての訓読――」

 中村春作琉球における「漢文」読み――思想史的読解の試み――」

 辻本雅史「素読教育文化――テキストの身体化――」

 前田勉明治前期の訓読体――言路洞開から公議輿論へ――」

[特論]

 小島毅「どうむかという問題の難しさ」

 伊藤英人朝鮮半島の書記史――不可避の自己としての漢語――」


近世の「知」の形成と「訓読」――経典・聖諭・土着――

 崔在穆「漢文訓読、階層性、トポス――『春香伝』の「千字文プリ(唱)」を手掛りとして――」

 田尻祐一郎「平田国学と『論語』――菊池正古『論語考』をめぐって――」

 渡辺純成「満洲語思想・科学文献からみる訓読論」

 木津祐子唐通事の「官話」受容――もう一つの「訓読」――」

[特論]

 澤井啓一「訓読から「辺境」を考える」


Ⅲ「訓読」と近代の「知」の回廊――文学翻訳教育――

 川島優子「白話小説はどう読まれたか――江戸時代音読和訳訓読をめぐって――」

 勝山稔「近代日本における白話小説翻訳文体について――「三言」の事例を中心に――」

 木村淳「明治大正期の漢文教科書――洋学教材を中心に――」

[特論]

 市來津由彦中国思想古典文化象徴性明治大正昭和――『論語』を素材に――」


あとがき

執筆者一覧

人名索引

書名論文名)索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。