『築島裕博士還暦記念国語学論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『築島裕博士還暦記念国語学論集』

明治書院

1986

築島裕博士 還暦記念国語学論集

 築島裕博士略年譜・研究業績目録

武井睦雄「『古事記』における「国稚…」の解釈 「イトキナシ」「ワカシ」「ヲサナシ」とその相関をめぐって」

石塚晴通岩崎本日本書紀初点の合符に見られる単語意識」

安田尚道「10および10の倍数を表わす個数詞

白藤礼幸平安朝初期宣命国語史上の一,二の問題」

近藤泰弘「敬語の一特質」

山口佳紀「アヲとミドリ 平安仮名文学言語位相

増成富久子三宝絵詞・三伝本成立事情の推定 敬語表現の比較研究による」

小林芳規国語史料としての角筆文献

月本雅幸「不動儀軌古訓点について」

鈴木泰「石行寺蔵大般若経字音について」

峰岸明記録語文の訓読方法について」

沼本克明古辞書・音義の音注と漢音

宮沢俊雅「和名類聚抄の和訓について」続貂 和訓に冠する「和名」の有無について」

沖森卓也「世尊寺太字鏡漢字音について」

山口明穂中世和歌ことば

山口仲美狂言擬声語

坂梨隆三曽根崎心中の「う・ふ・む」」

小松寿雄江戸語仮名遣小考」

柳田征司林羅山仮名交り注釈書について 抄物との関連から」

古田啓ホフマン日本文法研究における〈形容詞〉 何を〈形容詞〉とし,その品詞をいかに考えたか」

清水康行二十世紀初頭の東京語子音音価音訛 落語レコード資料として」

藤井正「「視点」について」

金水敏「名詞の指示について」

鈴木英夫「「形容動詞」をめぐる二,三の問題」

奥田勲「神尾についての二,三の問題 付・神尾山年表」

趙承福「〈朝鮮〉[tsosen],〈朝〉[asa],〈漢〉[aya]に就いて」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。