『筑紫語学論叢』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『筑紫語学論叢』

奥村三雄「「特殊形アクセント」について」


音韻表記

岡島昭浩半濁音名義考

高山倫明「連濁の音声学的蓋然性」

江口泰生ロシア資料エ列音

内山弘国語資料としての『源威集』」

迫野虔徳古文書古記録促音表記

矢野準草双紙の行」


文章語法

関一雄「『竹取物語』の用語表現

西田隆政源氏物語段落構成指示語「かの」」

堀畑正臣「「被成(なさる)」の展開」

山下和弘「デアルの伸張と体言ナリの衰退」

青木博史「コトの機能

荻野千砂子近世期の接続詞の展開」

坂口至近世中期上方歌舞伎脚本資料に見えるナ変下一段四段化について」

塚本泰造本居宣長著述(擬古文)に見られる「から」について」


語彙

辛島美絵形容詞語彙から見た仮名文書

林慧君外来語成分を含む混種語について」

田籠博「『薬名備考和訓鈔』の方言

山県浩近世方言書類の上方語

柏原卓「『和歌山方言』の漢語

岡野信子沖縄県糸満市字糸満の屋号語彙


方言アクセント

杉村孝夫「勧奨文「雨が降っているから傘を持って行きなさい」の韻律的特徴と分布

木部暢子「中種子町方言のアクセント

添田建治郎日本語アクセントの形成(一)」

崎村弘文徳之島松原方言音調体系・再考」

久保智之「「のさことば」とアクセント

有元光彦「「海の道」方言圏の可能性」

田尻英三日本語インドネシア語類義語の対照研究の方法」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。