『笑談笑発 井上ひさし対談集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『笑談笑発 井上ひさし対談集』

講談社文庫

1978

井上ひさし


江戸庶民文化を探る      暉峻康隆

笑いの裏おもて  矢代静一

近代日本の道化群像  山口昌男

戯作可能性  松田修

戯作の精神  ドナルド・キーン

笑う透明人間  鶴見俊輔

神とユーモア  遠藤周作

方言なしに笑いは書けない  田辺聖子

俳趣と講話  江國滋

パロディ精神ってなんだろう  丸谷才一

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。