『福田良輔教授退官記念論文集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『福田良輔教授退官記念論文集』

福田良輔

1969

http://id.ndl.go.jp/bib/000001264347

献辞

福田良輔教授略年譜・研究著作目録


上代特殊仮名音の音位と音価(真武直)

上代日本文献に見える漢字「叱」について──朝鮮音仮名をさぐりつつ──(藤井茂利)

上代ウ列表記変遷についてーその後母音性の検討──(森山隆)

額田姫王覚書(吉永登)

人麿短歌の一様式──「名ぐはしき……」(三〇三)の歌を中心として──(中原勇夫)

万葉調続貂(瀬古確)

万葉集における正訓文字訓法──念・思について──(鶴久)

日本霊異記」の訓釈について──訓読との関係をめぐって(遠藤嘉基)

興福寺本日本霊異記に見える「徴」字の訓釈について(春日和男)

源氏物語和歌対偶考(目加田さくを)

仲文集試論(今井源衛)

改編本系類聚名義抄の成立時期について(築島裕)

副詞語性今昔物語集のADV型(原栄一)

万葉語と万葉調──新古今和歌風形成の問題として──(島津忠夫)

「絵詞平治」(塩釜神社蔵本)について(笠栄治)

中世注釈書における推量語の把握──古今秘註抄を中心に──(佐田智明)

徒然草における「文芸」──中世の価値観との関連において──(井手恒雄)

『松蔭中納言物語』の成立(中村忠行)

お伽・お伽衆小考(松田修)

「に」と「へ」の混用──近世初頭九州関係資料の場合──(原口裕)

真野長幸略伝(野間光辰)

なりひら一代記・河内通・業平物語の関連(横山正)

『本朝文選』についての一二の問題(大内初夫)

虚実皮膜論の再検討(中村幸彦)

西鶴・西海両吟歌仙評釈──志賀島の想い出によせて──(白石悌三)

杢太郎文学の一問題──情調劇の方法について──(重松泰雄)

改稿/琉球方言太陽意味する語について(上村孝二)

中期モンゴル語に保存されたモンゴル語の非派生長母音(村山七郎)


後記

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。