『研究資料日本文法』9

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『研究資料日本文法』9

1 待遇表現        辻村敏樹

  一「待遇表現」とは

  二 戦前の待遇表現

  三 戦後の待遇表現


2 敬語法の分類            杉崎一雄

  一 はじめに

  二 分類基準の萌芽-江戸から明治

  三 いわゆる「三分類」を中心にーその考え方と問題点

    「敬意の性質」による三分類

    「敬意の対象」を加えた三分類

    「話題」への敬語と「聞き手」への敬語

  四 残された、ある問題

    「『素材』についての待遇」の考え方

    自己側をへりくだる諸語──丁重語──かしこまり語法

    尊敬語の一用法と「かしこまり語法」への位置づけ


3 体言の敬語法            池上秋彦

  はじめに

  一 代名詞敬語法

     指示代名詞再帰代名詞の場合  人称代名詞の場合

  二 名詞数詞に関わる敬語

     接頭語添加する場合  接尾語添加する場合


4 用言の敬語法             近藤泰弘

  一 はじめに

  二 敬語体系と分類

  三 古典語状態性用言の敬語

  四 敬語の定義再考

  五 授受動詞敬語体系

  六 移動動詞敬語体系

  七 丁寧語についての問題

  八 用言の敬語法の本質

  付 敬語動詞一覧


5 金水敏「てにをはの敬語法」             


6 敬語の諸問題             前田富祺

   一 はじめに

   二 敬語文法の問題か

   三 敬語語彙との関わり

   四 待遇表現をめぐって

   五 おわりに


7 敬語法変遷           佐々木峻

  はじめに

 一 上代敬語法

 二 中古敬語法

 三 中世敬語法

 四 近世敬語法

  おわりに


8 小泉保「世界の敬語」


資料I 近世までの敬語研究書抄              〔猿田知之

    ロドリゲス日本大文典

    かたこと

    玉あられ

    消息文例

    山口栞

    舒言三転例


資料II 近代以降の敬語研究書抄             〔猿田知之

     実名敬避俗研究(乙 避称)

     場面敬辞法との機能的関係について(全)

     これからの敬語(全)


資料III 敬語法関係研究文献一覧


資料IV 敬語法関係研究文献一覧               〔猿田知之

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。