『研究資料日本文法』8

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『研究資料日本文法』8

研究資料日本文法 第8巻

1 文の組み立て            林巨樹

  一 「文の組み立て」論の範囲

  二 構文論の展開

  三 文型の基本構成

  四 文脈の病理


2 文と語の間にある単位──文節・句・文素など    森野宗明

   はじめに

  一 文法学説と文法上の単位体

  二 山田文法の語と句・文

  三 橋本文法文節

  四 文節に類するもの──文節の問題点

  五 時枝文法の句


3 文とは何か         高野繁男

  一 はじめに

  二 山田文法の句論

  三 松下文法断句

  四 橋本文法の文

  五 時枝文法文論

  六 渡辺実氏の陳述

  七 む す び


4 文構造の諸学説                林四郎

  一 大槻文彦広日本文典』の「文章篇」

  二 落合直文日本大文典』の「文章」の論

  三 岡倉由三郎『新撰日本文典』の構文論

  四 山田孝雄の「合文」説

  五 山田文法の「格」の種類

  六 松下大三郎 『日本俗語文典』の構文論

  七 『改撰標準日本文法』の構文原理

  八 松下文法の「格」

  九 学校文法文の成分

 一〇 時枝文法の入子型構造

 一一  時枝文法の「格」

 一二 林の構文

 一三 一つの述語にかかる構文要素

 一四 連結と展開の扱い


5 主語主題提示語総主語          宮地裕

   はじめに

 一 主語のない文・あいまいな文

  よびかけ文・わかれ文・詠嘆文・応答

  判叙文・要求文

 二 提示語総主語

  提示語

  総主語

 三 主題文の一面

  名詞述語文

  「象は鼻が長い」「象は力が強い」「象は鼻の力が強い」


6 文章の展開         山口仲美

  一 はじめに

  二 池尾の禅珍内供の鼻の語

  三 今昔説話芥川の「鼻」

  四 今昔説話文章展開

  五 プロットと起承転結との関係

  六 短い説話と長い説話文章展開

  七 日記文章展開

  八 随筆文章展開

  九 歌物語の文章展開

 一〇 物語文章展開

 一一 説話文章展開の源流

 一二 説話昔話との差異

 一三 おわりに


7 変形文法生成文法             奥津敬一郎

  一 はじめに

  二 言語とは何か

  三 文法の組織

  四 受身

  五 授受動詞

  六 自動詞文と他動詞

  七 おわりに


資料1 1 橘守部「三撰格」抄              鈴木一彦

    長歌撰格

    短歌撰格

    文章撰格

   2 近世以前の構文研究書抄             [飯田晴巳]

    八雲御抄

    手爾葉大概抄之抄

    国文世々ノ跡

    詞の玉緒

    詞通路

資料II 構文関係研究文献一覧               [飯田晴巳]

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。