『研究資料日本文法』6

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『研究資料日本文法』6

研究資料日本文法 第6巻

     目   次

1 助動詞の分類             竹内美智子

 一 はじめに

  資料および対象の限定

  助動詞の位置づけ

  助動詞の範囲

 二 助動詞の分類

  助動詞研究の趨勢

  これまでの助動詞の分類

 三 接続による分類の検討

  助動詞はどんな活用にでも接続するのか

  助動詞接続する活用形

 四 まとめ


2 近代以降の助動詞研究             白藤禮幸

  はじめに

 一 主要な文法論における助動詞

  大槻文彦

  山田孝雄

  松下大三郎

  橋本進吉

  松尾捨次郎

  時枝誠記

  補説

 二 助動詞研究書について

  『助動詞の研究』

  『現代語助詞助動詞──用例と実例──』

  『現代語助動詞の史的研究』

  『上代語助動詞の史的研究

  『国語助動詞の研究──体系と歴史──』

  『日本語助動詞の研究

  『助詞助動詞詳説

 三 個別的研究

3 助動詞の諸問題               小松光三

 一 定義の問題

 二 意味の問題

 三 接続の問題

 四 承接の問題

 五 結語


4 方言助動詞」           真田信治

  はじめに

 一 断定

 二 打消

 三 過去・完了

 四 推量

 五 意志・勧誘

 六 伝聞・様態

 七 比況

 八 希望

 九 使役

 一〇 受身

 一一 可能自然可能

 一二 尊敬・丁寧


5 助辞研究史         根来司

 一 助辞(てにをは)研究史の方法

 二 富士谷成章本居宣長以前のてにをは研究

 三 富士谷成章てにをは研究

 四 本居宣長てにをは研究

 五 東条義門てにをは研究


6 西洋文典助辞              古田啓

 一 はじめに

 二 第I期の研究

  概観

  ロドリゲスの研究

  ロドリゲス以降

 三 第II期の研究

  概観

  ホフマンの研究

  ホフマン以降

 四 第III期の研究

  概観

  アストンの研究

  チェンバレンの〈後置詞

  アストンチェンバレンの態度

 五 まとめ


7 文法教育における助動詞           小林國雄

  はじめに

 一 中学校の学習指導要領・指導資料における取扱い

 二 中学校の国語教科書における取扱い

 三 中学校における口語助動詞の取扱いに関する諸説

 四 中学校の国語教科書における文語助動詞の取扱い

 五 中学校における文語助動詞の取扱いに関する諸説

 六 高等学校の学習指導要領・解説書における取扱い

 七 高等学校「国語1」における助動詞の取扱い

 八 高等学校「国語II」における助動詞の取扱い

 九 高等学校における口語助動詞の取扱いに関する諸説

 一〇 高等学校における文語助動詞の取扱いに関する諸説

 一一 助動詞指導のありかたー文語助動詞を中心に


8 日本語教育助辞              川瀬生郎

 一 日本語教育における助辞の扱い方

 二 文型助辞

 三 格助詞の扱い方

 四 助詞「は」と「が」について

 五 助動詞の扱い方

 六 おわりに


資料I 近世以前の助辞研究書抄(続)           〔飯田晴巳

  春樹顕秘増抄(抄)

  連理秘抄(抄)

  てにをは紐鏡(全)

  詞の玉緒(抄)


資料II 助辞関係研究文献一覧(続)             〔飯田晴巳

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。