『研究資料日本文法』10

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『研究資料日本文法』10

研究資料日本文法第10巻

     目次

1 修辞文法         林巨樹

  一 修辞文法

  ニ レトリーカ

  三 修辞法大要

  四 文法からの逸脱

  五 文法論修辞

  六 語彙論修辞


2 和歌俳句修辞             甲斐睦朗

  一 問題提起

  二 「修辞」研究史

  三 和歌修辞

    知識としての和歌修辞

    理論化をめざす和歌修辞

    解釈から見た和歌修辞

  四 俳句修辞

  五 結びに代えて


3 道行文とその修辞               井手至

  一 「道行」と土地讃美の意義

  二 道行文の源流-上代韻文の道行文

  三 道行文の修辞-院政・鎌倉時代の道行文

  四 室町時代の道行文

  五 近世の道行文ー結び


4謡曲修辞          蜂谷清人

  一 はじめに

  二 能の台本としての謡曲

  三 古歌・古詩の引用

  四 名所・歌枕-例の名にし負う

  五 序訶・掛詞縁語など

  六 おわりに


5 往来物書簡文修辞           橘豊

  一 往来物修辞

    月次に配列する叙述法  語彙集型の叙述  目釣別に分類する叙述

     候文雅文との区別

  二 書簡文修辞

     書簡文形式  無心の手紙  書簡体小説


6 明治美文          進藤咲子

  一 落合直文の新国文

  二 『美文韻文紅葉』など

  三 美文作法書など

  四 修辞学書と美文


7 普通体と丁寧体               加藤彰彦

  一 はじめに

  二 ござる・であります体

  三 普通文

  四 だ体

  五 です・ます体

  六 である体


8 現代文修辞            中村明

 一 配列

 二 反復

 三 付加

 四 省略

 五 間接

 六 置換

 七 多重

 八 摩擦


9 漢文脈和文脈                松原純一

 一 和漢混淆について

 二 和漢混淆の華『平家物語

   『平家物語』の語法の三要素

   『平家物語』に含まれる漢文脈の由来

   『平家物語』に含まれる和文脈の由来

   『平家物語』に含まれる記録体の由来

 三 その他の中世和漢混淆について

   『方丈記』について

   『徒然草』について

 四 近世和漢混淆について

   近世文学

   儒学の興隆

   国学の興隆

 五 近代和漢混淆について

   明治前半の文語文

   近代及び現代の口語文


10 近代以前修辞法研究の歴史           猿田知之

  一 はじめに

  二 上代修辞法研究

   推古朝までの修辞

   天武期以降の修辞

  三 中古修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  四 中世修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  五 近世修辞法研究

   漢文修辞法研究

   和文修辞法研究

  六 結びにかえて


資料I 近世までの修辞研究書抄              〔猿田知之

    文鏡秘府論(論対属)

    済北集(答藤丞相)

    禅儀外文集(序〉

    作文大体(雑筆大体)

    文筆問答抄(詩句法律事)

    操觚字訣(篇法)

    訓訳示蒙(抄)

    文論(抄)

    三のしるぺ(文のしるべ)

    筱舎漫筆(抄)


資料II 1 近代以降の修辞研究書抄            〔猿田知之

     修辞及華文

     新美辞学

     修辞学大要

    2 枕詞一覧        〔桜井靖久〕


資料III 修辞法関係文献一覧                〔猿田知之

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。