『現代作文講座6文字と表記』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『現代作文講座6文字と表記』

現代作文講座文字表記

明治書院

定価一五〇〇円

昭和52年4月20日 初版発行

林大林四郎森岡健二

表記体系         樺島忠夫

  一 表記体系とは何か

  二 日本語文字体系

  三 表記符号

  四 表記要素

  五 表記規則

  六 文字体系の効率に関わる特性

  七 表記体系の効率に関わる特性

  八 文化的レベルにおける効率


日本語文字        由良君美

    ――はじめに

  一 漢字体系への同化

  二 和製漢文の創造

  三 平仮名片仮名成立

  四 文字習得のプロセス

  五 日本語文字の特色


日本語正書法   林大

  一 法ということ

  二 統一の約束

  三 漢字とかな交じりの統一と能率

  四 制限と目安

  五 改革と教育

  六 正書法の概観


漢字かなまじり文の問題点    松原純一

    ――はじめに

  一 明治以後どのように問題になってきたか

  二 戦後の国語施策漢字かなまじり文

  三 国語施策の問題点

  四 国語審議会における国語施策の再検討

    ――おわりに


日本語と表音文字       早田輝洋

  一 表意文字と表音文字

  二 文字表記とはどういうものか

  三 ローマ字による試み

  四 仮名による試み

    ――おわりに


符号の働き         加藤彰彦

    ーはじめに

  一 句読点の歴史と用法

  二 現代ジャーナリズム符号

  三 符号の用い方

    ――おわりに


縦書き横書き        佐藤泰正

  一 横書き導入 公文書横書き化を中心に

  二 縦書き横書きはどのように行われているか

  三 読み易さ、見易さに関する実験的研究

  四 書き易さ、経済性など

  五 まとめと今後の問題


表記法の変遷         小林芳規

  一 変遷の原理

  二 未分化から分化へ――名称と符号成立――

  三 書記の労力の軽減

  四 形態の淘汰と簡易化

  五 終りに


付録 送り仮名の付け方

   現代かなつかい

   当用漢字音訓表

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。