『河野六郎著作集2・中国音韻学論文集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『河野六郎著作集2・中国音韻学論文集』

河野六郎 1979.11 平凡社

はしがき

玉篇に現れたる反切の音韻的研究 pp.3-154

朝鮮漢字音の一特質

「束國正韻」及び「洪武正韻」に就いて

中国音韻学朝鮮

中國言韻史研究の一方向――第一口蓋音化に關聯して――

有坂博士と所謂「重紐」論

諧声声符に見られる直拗交替に就いて

唐代長安音に於ける微母に就いて

慧琳衆経音義の反切の特色

再び「東國正韻」に就いて

漢字音とその伝承

朝鮮漢字音の研究 pp.295-512

廣韻という韻書

中国語系統と歴史

「日本呉音」に就いて

あとがき

編集後記

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。