『沖縄文化論叢5言語編』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『沖縄文化論叢5言語編』

沖縄文化論叢


外間守善中本正智 解説


総論

服部四郎日本語琉球方言について」

仲宗根政善琉球方言概説」

上村幸雄琉球の方言

平山輝男大島一郎中本正智琉球先島方言の総合的研究」

吉田澄夫チェンバレン氏の琉球語研究」

折口信夫「日琉語族論」

外間守善「沖繩の言語史


音韻論

伊波普猷「琉球語の母音組織と口蓋化の法則」?

宮良当壮「「琉球諸島言語国語学的研究」の概要」

柴田武徳之島方言音韻

サムエル・H・北村「宮古方言音韻論の一考察」

伊波普猷「P音考」?

中本正智「K音考」


文法論

服部四郎「「琉球語」と「国語」との音韻法則

仲宗根政善加行変格「来る」の国頭方言活用に就いて」

崎山理琉球語動詞通時的考察」

鈴木重幸「首里方言動詞のいいきりの形」

屋比久浩「「イッター」と「ワッター」――接尾形式の一考察」

金城朝永ほか「南島方言に於ける敬語法」 (比嘉春潮伊波普猷宮良當壯・島袋源七?・岩切登?) 『旅と伝説』4-12

岩倉市郎「喜界島に於ける敬語法」


語彙語源

伊波普猷「『海東諸国記』附載の古琉球語について」

魚返善雄琉球支那語

比嘉亀盛万葉語と琉球語

成田義光「沖繩の外国語外来語

金城朝永「地名「沖繩」の起源について」

服部四郎「やま・もり・たけ」

上村孝二琉球方言太陽意味する語について」

金城朝永「北をニシと呼ぶ話――方位と風の琉球語

仲宗根政善「東西南北」

比嘉春潮「中頭郡西原村に於ける日常の挨拶

徳川宗賢「沖繩の親族語彙

大城健「語彙統計学(言語年代学)的方法による琉球方言の研究」


文献目録

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。