『橋本進吉博士還暦記念國語學論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『橋本進吉博士還暦記念國語學論集』

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000685453/jpn

1944

岩波書店

時枝誠記言語学言語史学との関係」

東条操方言学私見」

亀井孝共時態の時間的構造

金田一京助地名語原説」

服部四郎元朝秘史蒙古語のo及びoに終る音節を表はす漢字支那語音の簡略ローマ字転写」

森本治吉東国古代音韻の一現象」

宮内玉子日本語母音の一,二の性質について」

小倉進平「国語ザ行音の頭音」

平山輝男日本語アクセントの統合」

金田一春彦類聚名義抄和訓に施されたる声府に就て」

有坂秀世「正倉院御蔵旧鈔本蒙求の漢音」

岩淵悦太郎「謡曲発音資料としての謳曲英華抄」

土井忠生「ロ氏小文典ローマ字綴」

石坂正蔵下官集親行仮名遣

戸田吉郎「契沖と五十音図」

春日政治「金剛般若経讃述嘉祥点」

高木市之助古事記大宜都比売の用字に就いて」

武田祐吉古事記の訓仮字に就いて

宮崎晴美古事記に於ける訓法の一考察」

滝田貞治西鶴用字論攷」

神保格語句の独立といふこと」

湯沢幸吉郎人名代名詞「あなた」の用例

山田巌今昔物語集活用語について」

望月世教「国語動詞に於ける対立自他の語形に就て」

林和比古「補助用語とその派生問題について」

山本正秀「デアルの沿革」

江湖山恒明女性語「ざます」考

白石大二「だ活形容動詞の語彙」

堀田要治今昔物語集に於ける使役の助動詞ス・サス・シムについて」

岡本千万太郎係助詞副助詞と格」

松尾拾客語表示の助詞「を」に就いて」

杉山栄一「がてら・ながらの文法上の地位」

小林好日東北方言に於ける助詞「さかい」

島田勇雄大阪方言に於ける「て」の所属品詞について」

林大号令について」

吉田澄夫室町時代以降における国号呼称」

志田延義「ふること」

大津有一古事記上巻の「胡床」について」

倉野憲司「二つの古語について」

橘純一「倭・勾玉・〔マガリ〕など」

沢潟久孝「「きよけく」考続貂」

大岩正仲「かヘる・かはる考」

柴生田稔「古代に於ける「ため」の意味用法に就いて」

森本健吉万葉に於ける「らむ」「らし」」

野村宗朔助動詞らむの意義用法について」

西尾光雄「ありという言葉について」

池田亀鑑「いそぎ・けいめい考」

真下三郎大和言葉

斎藤清衛ことばの衣裳性」

守随憲治狂言名題の弁」

小池藤五郎十返舎一九の舌」

久松潜一木村正辞万葉研究 : 特に書史・本文・註釈研究について」

井上誠之助「「冠辞考」の版本に就て」

筧五百里日本語の学習に於いて中国人学生の誤り易い二三の点に就いて」

山岸徳平「海恵僧都と海草集」

橋本進吉博士略伝・編著書目録論文目録講義題目

言語学言語史学との関係 時枝誠記

方言学私見 東條操

共時態の時間構造 亀井孝

地名語源説 金田一京助

元朝秘史蒙古語のO及びo:に終る音節を表はすす漢字支那語音の簡略ローマ字転写 服部四郎

東国古代音韻の一現象 森本治吉

日本語母音の一、二の性質について 宮内玉子

国語 ザ行音頭音 小倉進平

日本語アクセントの統合-特に一型アクセント曖昧アクセントを中心として 平山輝男

類聚名義抄和訓に施されたる声符に就て 金田一春彦

正倉院御蔵旧鈔本蒙求の漢音 有坂秀世

謡曲発音資料としての 謳曲英華抄 岩淵悦太郎

「ロ氏小文典」のローマ字綴 土井忠生

下官集親行仮名遣 石坂正蔵

契沖五十音図 戸田吉郎

金剛般若経讃述嘉祥点 春日政治

古事記 大宜都比売の用字に就いて 高木市之助

古事記の訓仮字に就いて 武田祐吉

古事記に於ける訓法の一考察 宮崎晴美

西鶴用字論攷 方法と用字の限界と 滝田貞治

語句の独立といふこと 神保格

人代名詞「あなた」の用例 湯沢幸吉郎

今昔物語集活用語について 山田巌

国語動詞に於ける対立自他の語形に就て 望月世教

補助用言と その派生問題について 林和比古

デアルの 沿革 山本正秀

女性語 「ざます」考 江湖山恒明

だ活形容動詞語彙 白石大二

今昔物語集に於ける 使役の助動詞ス・サス・シムについて 堀田要治

係助詞副助詞と 格 岡本千万太郎

客語表示の助詞「を」に就いて 松尾拾

がてら・ながらの 文法上の地位 杉山栄一

東北方言に於ける 助詞「さかい」  小林好日

大阪方言に於ける「て」の所属品詞について 島田勇雄

号令について 林大

室町時代以降におげる国号呼称 吉田澄夫

ふること 志田延義

古事記上巻の「胡床」について 大津有一

二つの古語について 倉野憲司

倭・勾玉・糧餅など 橘純一

「きよけく」考続貂 沢瀉久孝

かへる・かはる考 大岩正仲

古代に於ける「ため」の意味用法に就いて 柴生田稔

万葉に於ける「らむ」・「らし」 森本健吉

助動詞「らむ」の意義用法について 野村宗朔

「あり」といふ言葉について 西尾光雄

いそぎ・ けいめい考 池田亀鑑

大和言葉 真下三郎

ことばの衣裳性──連歌表現についての断想 斎藤清衛

狂言名題の弁 守随憲治

十返舎一九の舌 小池藤五郎

木村正辞万葉研究 特に書史・本文・註釈研究について 久松潜一

冠辞考」の版本に就いて 井上誠之助

日本語の学習に就いて 中国人学生の誤り易い二三の点 筧五百里

海恵僧都と海草葉 山岸徳平

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。