『松村明教授古稀記念国語研究論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『松村明教授古稀記念国語研究論集』

松村明教授略年譜・研究業績目録 

稲岡耕二木簡表記史」

安田尚道「唱数詞」 

武井睦雄「「中大兄三山歌」の構成とその解釈

山口佳紀「語源とアクセント いわゆる金田一法則の例外をめぐって」

沖森卓也上代文献における否定用字

鈴木泰古代日本語過去形式の意味

近藤泰弘「接続助詞「を」の発生時期について」 

西田直敏宣命文章 構造敬語表現」 

築島裕大般若経古点本について」 

月本雅幸東大寺図書館法華経二十八品略釈巻下の訓点について」 

白藤礼幸「「遊仙窟古点本系統について 左右を手掛りに」

中村恵美子「往生要集古点本訓法について」 

宮沢俊雅図書寮本類聚名義抄と倭名類聚抄

増成富久子「「霊異記」「三宝絵」「今昔物語」「三宝絵」のプロトタイプを求めて」

日野資純今昔物語集の異処理と類義語意味分析 「後」と「前」を例として」 

柏谷嘉弘「身延本本朝文粋漢語

岩松空一「「よ」・「よむ」・「あゆむ」の本義」 

鈴木雅子「にこにこ・にっこ・にっこり・にかにか」

山口仲美写声語の一性格」 

宇野義方「異体がなの使い分け」 

橘豊仮名消息作法書三題」 

山口明穂狂言漢語の一問題」 

鈴木一彦接続語句から見た仮名草子文章」 

水谷静夫「柳句の見立て表現」 

古田東朔「「東海道四谷怪談」において上方風,東国風両方の言い方をしている人たち」 

小松寿雄江戸語における遊女語の影響 ゴザンスの場合」

中野伸彦洒落本における終助詞厂の」」

久保田篤近世初期の表記について」 

坂梨隆三曽根崎心中の「え・へ・ゑ』」 

岡本準水本居宣長の「撰」・「録」・「撰録」のに就きての考察 『古事記雑考』と自筆浄書本及び刊本古事記伝』について」 

尾上圭介感嘆文と希求・命令文喚体述体概念の有効性」

屋名池誠「述部構造 現代東京方言述部の形態=構文論的記述」

金水敏「連体修飾成分の機能」 

藤井正「「自分」について」

青木伶子格助詞表現性について」 

井島正博「時間の起点を表わすノチとヨリとの相違」

西尾寅弥「語の有縁性について」 

松井栄一「現代における「薄らぐ」と「薄れる」」 

倉持保男「腹が立つ」と「腹を立てる」

佐々木文彦擬態語類の語尾について」 

加藤彰彦日本語教育における基本語と漢字

鈴木英夫現代日本語研究における資料の取り扱いについて」

松原純一「不変化語尾を持つ語の送り仮名について」 

京極興一漱石振り仮名 「判然」の読み方をめぐって」 

清水康行二十世紀初頭の東京語母音音価音訛 落語レコード資料として」

古田啓ホフマンの〈形容詞〉論と「現在のシ」」

永野賢大槻文彦の「支那文典」編述の意図 その口語文法研究史における意義

尾崎知光橋本進吉博士の「国語学史概説」の講義ノート」

まつもとひろたけ奄美方言の~danaの用法おぼえがき」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。