『松村明先生喜寿記念国語研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『松村明先生喜寿記念国語研究』

1993.10

白藤禮幸人名文法」 7

山口佳紀古事記「天照大御神」訓義考」 28

武井睦雄「みのむしの「ちち」――古代親族名称一斑」 45

沖森卓也音訓交用について」 65

屋名池誠「ある連音忌避」 83

鈴木泰中古における畳語形式情態副詞機能意味」 105

小島聡子「「御」の一用例」 128

築島裕「「第四群点」再考――「テニハル点」を中心に」 147

月本雅幸十二世紀仏書訓点資料の特質――従来の研究の問題点と今後の課題」 169

西田直敏訓点資料の「自敬表現」について――「敬語コード」・「敬語メッセージ」による敬語史解釈」 181

宮澤俊雅倭名類聚抄二十巻本諸本再考」 199

古田恵美子仏典仮名書き本に於ける、元漢文再読字対応する語法について――主に『往生要集』の場合」 221

肥爪周二悉曇要集記奥文の音図をめぐって」 242

金水敏「状態化形式の推移補記」 262

橘豊「「涙をはらはらとながいて」――『平家物語』の表現特性」 278

斎藤文俊近世における漢文訓読法の復古」 296

岡本準水本居宣長書入本寛永版『古事記』に就いて――別天神「国稚」の項」 317

池上秋彦「『古今集鄙言』における助詞助動詞俗語訳――『古今集遠鏡』『あゆひ抄』と比較して」 326

石塚晴通「『古言清濁考成立攷」 371

矢田勉候文における「候」字の機能」 385

松井栄一明治時代語探求の一つの試み」 404

鈴木英夫「新漢語の受け入れについて――「全然」を例として」 428

京極興一「人民」「国民」「臣民」の消長」 450

カイザー・シュテファン日本語語彙近代化――外来語受け入れの方法について」 470

小松寿雄明治東京語における連母音アイの音訛――江戸語と比較」 490

坂梨隆三「『ヅーフハルマ』の方言」 508

久保田篤写本古活字本整版本表記――『恨の介』を資料として」 531

柏谷嘉弘『雨月物語』の日本漢語」 555

古田東朔「『東海道四谷怪談』に見られる打消の助動詞――「ぬ」系のものだけを使っている人たち」 576

松原純一現代日本語表記の諸問題」 598

宇野義方「現行の仮名字体をめぐって」 625

藤井正補助動詞「やる」について」 649

安田尚道「日数詞ムヨカ(6日)について――『言海』に紛れこんだ東北方言」 664

増成冨久子「現代の国語辞典における「美しい」の語釈の問題点」 677

木村睦子代動詞「する」の用法について」 694

川村大「ラル形式機能用法」 714

山口明穂助詞「が」の働き」 731

中野伸彦終助詞の連接形「よね」について」 743

近藤泰弘日本語における異主語省略能格性」 764

尾崎知光「詞に属する敬語についての私見」 774

林四郎「仮り陳述論」 792

井島正博「数量表現モダリティ」 813

森雄一日本語のなかの「心‐身メタファー」」 828

尾方理恵「「から」と「ので」の使い分け」 844

鈴木雅子昔話擬音語擬容語」 862

まつもとひろたけ「〈シテアル〉形おぼえがき――奄美喜界島(大朝戸)方言から」 893

古田啓副用語とParticula――J.J.Hoffmannを中心として」 918

水谷静夫体言とその近辺」 933

鈴木一彦散文中の形容詞――上代から中古初頭に至る」 972

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。