『東京大学国語研究室創設百周年記念国語研究論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『東京大学国語研究室創設百周年記念国語研究論集』

1998

汲古書院

西田直敏敬語史研究の一構想――敬語コードの変遷という視角から」 3

沖森卓也和文体成立」 23

馬渕和夫動詞の自他」 39

山口佳紀古事記歌謡古語性について」 63

水野清記紀神武の歌謡「こき・しひ・ゑね。こき・たび・ゑね。」」 82

武井睦雄古代日本語「マテ」とその語義群の相関」 104

稲岡耕二人麻呂時制テンス)」 127

こまつひでお「寝ラえぬに・恋ふラく考――擬似四段活用未然形語尾ラの消長」 155

鈴木泰助動詞からのぞかれるべき「けり」について」 176

山口明穂平安時代表現の機構」 195

川村大「事態の妥当性を述べるベシをめぐって」 208

白藤礼幸平安時代初期の字音注について」 230

宮沢俊雅倭名類聚抄漢語抄類」 250

林四郎春はあけぼの――構文要素の文章論解釈」 270

近藤明日子待遇表現における聞き手――『源氏物語』の心話と会話の比較から」 287

竹内美智子源氏物語後編の文章構成――「浮舟の物語」を中心に」 306

小島聡子「「行く」と「来」――源氏物語における用法」 325

小山敦子古典誤解の類型とその実例――源氏物語を中心に」 345

月本雅幸東京大学文学部国語研究室所蔵の古訓点資料から」 369

築島裕南海寄帰内法伝説の伝流について」 384

峰岸明漢語解義の諸方法」 405

柏谷嘉弘日本漢語」 428

陳力衛語構成から見る和製漢語の特質」 450

小林賢次「「ウゴク(動)」と「ハタラク(働)」――中世における意味変化を中心に」 471

安田尚道「ヒトヒ(1日)とフタヒ(2日)」 493

福島邦道天草版平家物語とその周辺」 509

真下三郎「茶立て女の言葉――京都」 530

鈴木雅子元禄期の未発表資料『宝の草子』について」 547

矢田勉「印刷時代における国語書記史の原理」 567

久保田篤「『金々先生栄花夢』の文字用法について」 586

岡本準水本居宣長書入本寛永版『古事記』の考察――別天神「天之常立神」の項」 606

石塚晴通かなづかひおくのやまぢ攷――上代特殊仮名遣研究史上の一問題」 620

肥爪周二近世末期音韻学者の江戸語母音観察――悉曇学蘭語学国学韻鏡学の交渉」 634

古田東朔「コクゴ?クニコトバ?」 653

小松寿雄「キミとボク――江戸東京語における対使用を中心に」 667

松村明オルコック日本語日常会話篇』とその日本語」 686

斎藤文俊明治期における『八十日間世界一周』の翻訳二種」 713

鈴木丹士郎明治期漢語の品詞性語形についての一考察」 728

坂梨隆三「「おられる」再考」 751

日野資純「両形並存の視点から見た方言国語史――スルとヤル」 774

渡辺実多義語意義の位置づけ」 803

橘豊「語に対する価値意識の変化に関する調査」 826

西尾寅弥「身体感覚のオノマトペ表現について」 842

池上嘉彦「〈モノ〉と〈トコロ〉――その対立と反転」 864

尾上圭介一語文用法――“イマ・ココ”を離れない文の検討のために」 888

井島正博「組立モダリティ表現」 909

中野伸彦「確認要求の平叙文の「だろう」」 929

岡部嘉幸「ハズダの用法について」 947

鈴木英夫現代日本語終助詞――「な」を中心として」 961

尾方理恵「ト・バ・タラ・テハについて――非事態性後件の用法」 982

仁科明「「ので」の諸相――性格把握の前提として」 1001

柏谷直樹「「うなぎ文」について」 1022

宇野義方はがき表現の型」 1040

尾崎知光言語過程説の生成」 1062

宮島達夫「わすれられた文法書動詞教授資料』」 1088

古田恵美子文法術語『ROOT』の指すもの――ロドリゲスからチェンバレンまで」 1112

奥津敬一郎「日朝対照不定指示詞論 その3――「Whか」とina,inka」 1127

まつもとひろたけ諸鈍方言動詞の非終止形おぼえがき」 1142

森雄一「「主体化」をめぐって」 1155

金水敏「いわゆる‘ムードの「タ」’について――状態性との関連から」 1171

藤井正「受給動詞について」 1180

水谷静夫文法意味論ベンチマーク」 1196

野村雅昭現代漢語の品詞性」 1213

屋名池誠数詞アクセント――現代東京方言のばあい」 1234

カイザー・シュテファンYokohama Dialect――日本語ベースのピジン」 1258

森岡健二「欧文訓読小史」 1281

近藤泰弘平安時代の「をば」の構文的特徴について――『源氏物語』の用例を中心に」 1294

鈴木一彦「文の認定と文の長さ――平安初期から鎌倉初期まで」 1309

林史典音韻資料としての円仁在唐記』」 1326

金田一春彦「有坂音韻論私観」 1340

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。