『杉本つとむ日本語講座4語彙と句読法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『杉本つとむ日本語講座4語彙と句読法』

杉本つとむ

語彙句読法

1981.11.1


一 近代語の形成

二 〈石油〉の考証

三 日本語のなかの〈人間〉と〈人称〉の論

四 〈話〉と〈語〉の論

五 方言語彙の検証


一 句読点符号の史的考察

 句読法の現状   

 江戸前期の句読法

 江戸後期の句読法 

 蘭学者句読法

 句読法近代文学 

 二葉亭逍遙美妙と〈句読法

 句読点符号用法総括


二 日本最初の〈句読法〉論-前野蘭化と『和蘭点例考

 『和蘭点例考』の出現   

 点例とその説明

 『和蘭訳文略』の句読法   

 句読法記号一覧表


三 終止符の論

 潤一郎と句読点

 江戸時代以前

 江戸時代以降

 終止符の認識

 終止符と蘭学者


一 句読点符号の史的考察

   「武蔵野女子大学紀要二号」(S.42年3)に収載の〈句読法の史的考察-江戸時代の文学作品を中心にー〉と「国文学研究35」(S.42年3)に収載の〈句読点記号用法近代文学〉を統括し、訂正加筆した。


ニ 日本最初のく句読法〉論

   「武蔵野女子大学紀要八号」(S.50年3)に収載の〈蘭化をめぐる二つの新資料 『和蘭点例考』・『蘭学緒言』について〉の前半部を独立させ、訂正加筆し、新資料として伊藤圭介の論考を加えた。


三 終止符の論

   「ことばの宇宙3.7」(S.43年1)に収載の〈終止符の論〉を中心に「ことばの宇宙3.5」(S.43年5)に収載の〈○×句読論〉などを参照し訂正加筆した。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。