『書誌学』1-1

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『書誌学』1-1

『書誌学』



創刊の辭             和田萬吉  一

要法寺版の研究       川瀬一馬 四

古鈔本銘盡について(上)      鹿島則泰 

古浄瑠璃本の話          樋口慶千代 

繪入の宋刊本に就いて        長澤規矩也 四〇

無題語套             三村清三郎 四八

書林清話糾膠并補遺巻一至三    長澤規矩也 

「舊刊影譜」補訂          川瀬一馬 八○

新刊批評             川瀬一馬 

「高野山の研究」を讀む

彙報               八五

 石川縣圖書館古版展覽會

 天正使節渡隊三百五十年記念珍籍展覽會

 源氏物語展覽會

 第十八回大藏會展觀

昭和七年新刊書籍要目             

昭和七年刊行雑誌要目             

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。