『昭和小説集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『昭和小説集』

現代日本文学全集 (筑摩書房)


富ノ澤麟太郎「流星」

今東光「瘦せた花嫁」

片岡鐵兵「綱の上の少女」

「愛情の問題」

里村欣三「苦力頭の表情」

池谷信三郎「橋」

黒島傳治「橇」「渦卷ける烏の群」

久野豊彦「ボール紙の皇帝萬歲」

立野信之「軍隊病」

高橋新吉「豫言者ヨナ」

龍膽寺雄「アパアトの女たちと僕と」

岩藤雪夫「ガトフ・フセグダア」

犬養健「亞刺比亞人エルアフイ」

佐左木俊郎「熊の出る開墾地」

深田久彌「オロッコの娘」「あすならう」

芹澤光治良「ブルジョア」

下村千秋「天國の記錄」

須井一「綿」

淺原六朗「混血兒ジョオヂ」

藤澤桓夫「大阪の話」

和田傳「村の次男」

橋本英吉「欅の芽立」

伊藤永之介「鶯」

岩倉政治「稻熱病」

保高徳藏「或る死、或る生」

森山啓「遠方の人」

解説

年譜



眞杉靜枝「小魚の心」

淺見淵「コップ酒」

新田潤「煙管」

張赫宙「權といふ男」

中谷孝雄「春の繪卷」

本庄陸男「白い壁」

榊山潤「街の物語

大谷藤子「須崎屋」

豐田三郎「弔花」

福田淸人「脫出」

矢田津世子神樂坂」

高木卓遣唐船

小田嶽夫「城外」

十和田操「判任官の子」

鶴田知也「コシヤマイン記」

大鹿卓「福壽草」

澁川驍「臍繰物語

中村地平「南方郵信」

荒木巍「自殺未遂」

富澤有爲男「法廷」

中里恒子「日光室」

寺崎浩「一家」

長谷健「あさくさの子供」

寒川光太郎「密獵者」

上田廣「或る日の水間部隊長」

芝木好子「靑果の市」

石塚友二「松風」

八木義徳「劉廣福」

島村利正「仙醉島」

解説

年譜



神西淸「雪の宿り」

田村泰次郎「肉體の門」

原民喜「夏の花」

小山清「聖アンデルセン

檀一雄「終りの火」

山代巴「蕗のとう」

石上玄一郎「日蝕」

藤原審爾「紅顏」

田中英光「野狐」

金達壽「矢の津峠」

今日出海「天皇の帽子」

安部公房詩人の生涯」

丸岡明「贋きりすと」

宮地嘉六「老殘」

長谷川四郎「張德義」

川崎長太郎「鳳仙花」

小島信夫「小銃」

きだみのる「獵師と兎と賭と」

小山いと子「壁の中の風景」

吉行淳之介「驟雨」

大田洋子「殘醜點々」

中本たか子「跛の小蠅」

由起しげ子「女中ッ子」

島尾敏雄「われ深きふちより」

中村眞一郎「扇」

福永武彦「死神の馭者」

安岡章太郎「驢馬の聲」

圓地文子「妖」

木山捷平「耳學問

遠藤周作「ジュルダン病院」

北原武夫「魔に憑かれて」

阿川弘之「夜の波音」

今東光「夜の客」

堀田善衞「香港にて」

解説

年譜

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。