『春日政治著作集2国語文体発達史序説』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『春日政治著作集2国語文体発達史序説』

春日政治著作集2

国語文体発達史序説



序文    大坪併治

はしがき

本文

 緒言

 第一章 漢字の伝来

 第二章 日本文の起源

  最古の遺文

  最初の文体

  真仮名の発生

 第三章 漢文様式の和化

  飛鳥・藤原朝の文献

  邦人漢文

  真仮名使用の発達

 第四章 国語文の発生

  一 国典の文体

   1 古事記

   2 日本書紀

   3 風土記

   4 祝詞宣命

  二 歌謡表記

  三 奈良朝仮名

  四 真仮名文

 第五章 新国字

  一 漢文学国語

  二 略体仮名の発生

     真仮名の簡易化

     草仮名

     片仮名

  三 草仮名

 四 片仮名交り文 一

 五 片仮名交り文 二

 六 片仮名使用の趨勢

 第六章 和漢混淆文成立

 一 鎌倉時代文体

 二 和漢混淆


解説および編集後記

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。