『春日政治著作集1仮名発達史の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『春日政治著作集1仮名発達史の研究』

序文 春日政治博士と私 遠藤嘉基


仮名発達史序説

 はしがき

 一、仮名

 二、真仮名の発生(推古朝)

   漢字の使用 漢字の仮用法 漢字用法の溯源 仮名発音

 三、真仮名の発達(推古朝以後 奈良朝以前)

   時代文献仮名 此の期の仮名 略体文字の発生

 四、真仮名の隆盛(奈良朝)

   国文の発生 奈良朝仮名 真仮名文 略体文字

 五、略体仮名成立(平安朝初期)

   真仮名の簡易化 草仮名 片仮名 国語音の変化 仮名文体


片仮名の研究

 省文

 古訓点資料

 片仮名形態

 片仮名系統

 片仮名文


仮名の沿革

 はしがき 平仮名 片仮名 現代の仮名 仮名に伴ふ符号


文字及び文体より観たる国文学

 一、緒言

   最古の日本文 真仮名の起源

 二、漢文体文学

   純漢文 和化したる漢文

 三、真仮名使用の文学

   古事記体 宣命体 万葉体 純真仮名散文

 四、国文体の文学

   草仮名文 片仮名交り文 記録体漢文

五、国文文学の消長

   和漢混淆文成立 近古文学 近世文学 現代文学

六、結語

解説

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。