『春日和男教授退官記念語文論叢』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『春日和男教授退官記念語文論叢』

阪倉篤義「「かなし」の意義

中村幸彦擬古文論」

小島憲之訓読前後――居・坐の一群を中心として」

馬淵和夫「『日本霊異記』とその訓釈のかな」

築島裕法隆寺本辨正論保安点」

小林芳規十一世紀における片仮名字体伝承

藤井茂利「推古時代音仮名朝鮮漢字音――ア列表記漢字を中心に」

鶴久万葉集における正訓文字訓法

工藤博子万葉集巻十四の語彙語法における平安時代的性格について」

福田益和「篆隷万象名義の部首排列について」

佐田智明平安朝における終助詞「かし」について」

山口康子「「に」を介する同一動詞反復形式表現価値――その通史的考察の試み」

田尻英三九州大学蔵『八字文殊儀軌』について」

原栄一和漢混淆文における文学性について――「平家物語」と「保元物語」「平治物語」の副詞から」

迫野虔徳「藤原定家の仮名遣」

田籠博東国抄物敬語について」

柏原卓天草本平家物語文章小考」

添田建治郎謡曲譜本のある種の施譜法――日本古典全集『帝室御物謡曲百番』にみる」

石川八朗季語「淡雪」粗描――元禄俳諧季語ノート」

原口裕「連体形準体法の実態――近世後期資料の場合」

中野三敏「"しゃれ本"名義考」

奥村三雄平曲譜本に反映した自立語アクセント

春日和男「「東大寺切」に見える音便現象について」

春日和男教授略歴・著作目録

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。