『明治文学全集74明治反自然派文学集(一)』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『明治文学全集74明治反自然派文学集(一)』

明治反自然派文学集 第1 / 野田宇太郎

明治文学全集74 明治反自然派文学集(一)


北原白秋

 邪宗門

 思ひ出(抄)

 東京景物詩及其他


木下杢太郎

 木下杢太郎詩集(抄)

 食後の唄

 南蛮寺門前

  硝子問屋

  山の燒けたる日の夕がた

  沖の龍卷

  珊瑚珠の根付

  荒布橋

 地下一尺集(抄)

  海郷風物記

  海國雜信


吉井勇

 酒ほがひ

 午後三時


長田秀雄

 春愁 他二十一篇


長田幹彦

 澪

 零落


平出修

 未定稿


石井柏亭

 水村雑詠 他十八篇


スバル歌人集

 三ケ島葭子

 岡本かの子

 万造寺斉

 中村三郎

 原田琴子


「明星」から「スバル」へ(野田宇太郎)

パンの会略説(野田宇太郎)

詩集「邪宗門」を評す(野田宇太郎)

享楽人(和辻哲郎)

唐草表紙序(森林太郎)

唐草表紙序(夏目金之助)

詩人画家石井柏亭(野田宇太郎)


解題(野田宇太郎)

年譜(遠藤祐編)

参考文献(遠藤祐編)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。