『日本近代語研究5』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本近代語研究5』

飛田良文日本語辞書学の課題

田中章夫字音語の生態」

島村直己国定読本語彙

鄭英淑訳語`帰化`の成立

松中完二「「ひく」の意味論

王鼎助数詞「本」の近代までの用法拡張」

山西正子「いわゆる副助詞「きり」考」

神作晋一接尾語「~だらけ」「~まみれ」の動向」

北澤尚許哲「『金色夜叉』本文の助動詞異同について」

伊藤孝行「大正期日本語教科書ベルリッツ著『日本語教科書』のことば

坂本哲平「丁福同譯釋『中等日本文典譯釋』小考」

陳慧玲明治期東京語における士族・知識層女性命令表現の考察」

祁福鼎明治時代語における自称詞の融合形」

真田治子井上哲次郎の欧州留学中の日記自筆ノートにみられる西洋人学者」

阿久澤佳之前島来輔漢字御廃止之議』の成立問題」

陳力衛日本におけるモリソンの『華英・英華字典』の利用と影響」

荒尾禎秀「和刻半紙本『笑府』に関する二三のこと」

川上蓁「契沖のアクセント表記法」

本田康雄式亭三馬江戸語描写

小野正弘草双紙地の文における「準発話」」

鶴橋俊宏天保以降の人情本におけるダロウ・ノダロウ」

永田高志「「捷解新語」の対称詞」

豊島正之「通事ロドリゲスの故郷セルナンセーリェを訪ねて」

小林千草大蔵虎明本「武悪」の表現論的考察」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。