『日本近代語研究1』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本近代語研究1』

飛田良文日本近代語研究課題

松井栄一近代文学作品のルビをめぐって」

エツコ・オバタ・ライマン 「渡米した日本語

曺喜澈「日韓同形漢語の語義・用法の相違

小林雅宏西国立志編における左ルビ字音語

永田高志明治前期における第三者に対する待遇表現

平澤啓明治二〇年作文教科書の模範文」

佐久間俊輔 「草創期の演説速記

貝美代子国定国語読本の奥付符号と使用年度」

金子弘Handbook of colloquial Japaneseの諸版について」

加藤信明チェンバレン『簡約日本文典』の位置」

飛田良文宮田和子 「ロバート・モリソンの華英・英華字典A dictionary of the Chinese languageについて」

佐野摩美 「『和英語林集成』が『言海』の語義分類に与えた影響」

境田稔信 「『辞書日本言海』大形本の正誤訂正と系譜」

犬飼守薫 「『辞書日本言海』の校正刷について」

湯浅茂雄雅俗対訳資料と語彙研究

荒尾禎秀読本『売油郎』の熟字

諸星美智直 「奉行所における吟味の言葉

上野隆久江戸歌舞伎『小袖曽我薊色縫』におけるサ変動詞の実態

彦坂佳宣近世後期の推量・意志表現

樋渡登洞門抄物「天南和尚再吟」について

鈴木浩渡部圭介鷺流狂言『延宝・忠政本』の国語史資料としての位置づけ

陳力衛 「「文盲」考」

小野正弘著 「室町末期から江戸初期における<様態・形態>を表す語彙

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。