『日本語学の蓄積と展望』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本語学の蓄積と展望』

2005

明治書院

森岡健二日本語会話文典」

柴田武対義語についての短い報告

築島裕國語史上における眞興の位置」

真田信治「旧満州に残存する日本語-ある朝鮮女性談話-」

下野雅昭「移住と方言の受容-愛知県豊田市の生え抜きと転入者を対比して-」

石井みち江「国語資料としての『翁問答』」

飛田良文「『改訂増補 哲學字彙』の版種」

加藤正信 合拗音クヮ残存地帯における知識層高年の保持様態と価値観――新潟県小千谷市を中心として

佐藤亮一アクセント調査における「読ませる調査」と「言わせる調査」――山形県三川町における小調査から」

浅田秀子感動詞音調表記法について――三線記譜法のすすめ〈「ああ」を例として〉」

佐藤宣男寛政版『和歌呉竹集』「てには大概」と『てには網引綱』――尾崎雅嘉テニヲハ論」

斎藤倫明松下文法活用論-文法論に原辞論は不要か-」

石神照雄「文の論理と体言文

仁田義雄名詞文についての覚え書

小矢野哲夫「ディオンティック・モダリティをめぐって――言語行動の観点からの「しなければならない」の事例分析」

小松正語り手が顕在化した地の文――『源氏物語』と中世王朝物語

蜂谷清人狂言「三人の長者」の諸台本に見る名ノリの指定表現の考察」

平林文雄口語サ変動詞助動詞「まい」への接続の実態解明」

彦坂佳宣中国地方における意志推量形式の方言史――GAJと「田植草紙」との比較から」

前田富祺語源研究における漢語

佐藤武義「古代歌語源流考――「青」を中心に」

佐藤亨上代の食物語彙――『風土記』を中心に」

遠藤好英平安時代公家日記ことば文章史的性格――「兼日」の語構造をめぐって」

菊田紀郎広本節用集の典拠資料――田積・郡名表示を中心に」

安部清哉「「背負う・担ぐ」語彙と『雑兵物語』の語彙の多元性・重層性――先行研究の再検討」

年譜・著作目録

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。