『日本語学』5-5

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本語学』5-5

『日本語学』

1986.5

特集 近世語

近世語世界   島田勇雄

近世漢語位相――『浮世風呂』を中心に 佐藤亨

近世文語についての覚書 鈴木丹士郎

式亭三馬漢字使用――『浮世風呂』を資料として 土屋信一

洒落本にみられる流行語雑記    矢野準

   *

近世前期語散見           前田金五郎

奴ことば》の美学          乾裕幸

近世語寸見――語義変化のある場合     中村幸彦

   *

三島由紀夫に於ける和訓ルビ付の漢語――戯曲を中心として 新裕美

「なわさよね」のこと 林大



★連載★

 現代文章講義(十九)押しのけられる自意識(続) 横光利一『紋章』 野口武彦

 若紫巻を読む⑥ 尼君の返歌は曲解ではない       甲斐睦朗

   *

 中国の詩と国文学――五妃曲-第六回           近藤春雄

 近代俳句を読む⑥                   平井照敏

 新刊自己紹介

   『ひびきあう国語教室の創造』  長谷川孝士

   『幕末・明治初期語彙の研究』  佐藤亨 m

 修士論文要旨紹介

  久池井紀子形式副詞の考察」

  宮崎和人日本語アスペクトの理論的研究」

   *

「貫かつて」その後 「木曽の最期」 森田穣二

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。