『日本語学』28-7

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本語学』28-7

日本語学28-7「助数詞類別詞について考える」

2009.6

 古典語数詞助数詞 安田尚道 4

 古文書助数詞 三保忠夫 12

 類別詞から日本語を考える 水ロ志乃扶 22

 現代日本語助数詞 飯田朝子 32

 ――ものの捉え方で決まる数え方――

 多変量解析による助数詞の分析 李在鎬 44

 ――話し手視点を反映する助数詞――




ことばの散歩道33       井上史雄 43

 グーグル・ストリートビューの言語景観

中国大陸季語散歩⑳      原朝子 59

 虹

リレー連載第3回

私が勧めるこの一冊      鈴木泰 60

 『連語論と統語論

アクセント地域からアナウンサーに        加藤和夫 70

 ~私の東京アクセント習得体験記~を読んで③



新刊クローズアップ

虎の門通信

新刊・寸感

情報源

次号予告

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。