『日本語の歴史6新しい国語への歩み』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本語の歴史6新しい国語への歩み』

日本語の歴史6』平凡社

亀井孝大藤時彦山田俊雄

ASIN:4582403069

第一章 江戸から東京

  一 歴史の舞台東京の幕開く

 明治維新意味するもの

 〈化政度〉文化庶民

 江戸の住人と関八州からの人口流入

 鎖国日本の扉を叩くもの

 世界に開いた日本の扉

 朝・幕二つの政府の出現

 条約に表現された日本の地位 

 江戸改め東京の誕生

 居留地?外人の果たした役割

 明治新政府近代化と外国人

 江戸の蓄積で栄える東京

  二 性格のちがう江戸語東京語

 江戸から東京へ、この改称の意味 

 《当世書生気質》に展開される書生ことば?

 日本語の歴史のうえの新しい経験

 文化史的に注目される新しい漢語

 明治日本語は〈国家のことば〉となった

 新しい国語づくり

 江戸語ということば意義

 江戸語および東京語の中身はなにか 

 江戸における〈本手〉と〈やつし〉

 いわゆる〈江戸なまり〉と〈本江戸

 江戸の上流家庭の女性ことば

 「です」にあらわれる江戸語東京語の推移

 文献にうかがう江戸語の輪郭

 江戸語の性格・その東京語へのつながり

 江戸語から東京語への展開の課題

 西部日本方言に対する東部日本方言

 「ぢゃ」と「だ」との対立

 「なかった」の「なんだ」に対する優位

 東部方言に対する東京語の選択

 江戸文学も新しい言語様式創造にはほど遠い 

  三 新しい文章への道はけわしい

 日本漢文シナ語ではない

 荻生徂徠の〈古文辞学派〉の功績

 漢文訓読に対する徂徠の批判

 伊藤仁斎に対抗してうちだされた徂徠の立場

 徂徠の意図した修辞

 古文辞学派のなかの文人意識

 文人意識はなぜうまれたか

 国学者擬古文

 国学者の書いた口語文

 小説の分野における俗語の登場

 語彙に探る文人趣味の流行

 漢文訓読の様式も変わる

 明治時代の漢文訓読体?の占めた位置 

 福沢諭吉文章

 言文一致はどうはじまったか 

 言文一致への本格的な動きは鹿鳴館時代

 二葉亭四迷山田美妙

 森鴎外の《舞姫》の美文調?意義  

 最後の江戸漢文的思考の世界


第二章 西欧文明の波をかぶった日本語

  一 オランダが伝えだ西欧文明の第二波

 江戸から明治へ・日本語外国語との交渉

 ギリシタン?最後の布教師シドッチ?

 新井白石シドッチを尋問

  二 オランダ語日本語との関係

 江戸時代における日本オランダとの関係

 オランダ語と蘭通詞?

 オランダ医学の習得とオランダ語  

 話すオランダ語から読むナランダ語へ

 さかんになったオランダ語翻訳

 オランダによる西洋文明第二波の特色

 オランダ語日本語への影響力

 外来語になぜオランダ語が少ないか

 学術蘭書翻訳するさいの三法

 いわゆる「義訳」にはらわれた苦心

 西欧語漢字と結びつけたことの意義

 役にたった漢文訓読の経験

  三 新洋学の台頭

 英語ロシア語との接触

 新洋学に役立った蘭語の基礎

 新洋学の水準は低かった

 新洋学における長崎の位置

 江戸に実を結ぶ新洋学

 新洋学は原書?読むことから始まる

 新洋学英語を中心に進む

  四 英語日本語に及ぼした影響

 ピジン・イングリッシュの登場 

 車屋英語?の伝える発音の正確さ

 正式な発音の採用はかなりおそい

 外国語音は日本語音韻に影響しなかった

 さかんになった単語書・綴字書の出版

 外国語日本語に及ぼした別の影響

 逐語訳の歴史をたどる

 中浜万次郎逐語訳

 逐語訳は幕府によって権威づけられた

 日本語の深部にとどいた別の影響

 しかし最大の影響は目だたないところに

  五 言文一致の開花

 ヨーロッバ文学紹介はじまる

 開国前後、来日外人のあげた業績

 文学作品翻訳ようやく軌道へ

 ヨーロッパ文学翻訳に役だつ漢文訓読体

 初期の文学翻訳翻案に近かった

 言文一致の運動の背景にあるもの

 話すとおりに書くのが言文一致

 二葉亭四迷の登場による言文一致の開花

 四迷がとりいれた円朝落語のスタイル

 言文一致の問題点は待遇表現の処理

 言文一致の成功をもたらしたもの

 言文一致の運動が文字改革と結びつく

 軌道にのる日本語ローマ字表記

 ヨーロッパ表記法がもたらしたその他の影響

第三章 新しい国語の意識とその教育

  一 国語への意識の目ざめ

 新しくうまれた国語という理念

 国語日本語とは異なる概念

 ただし国語慣用として日本語意味する

 明治の人たちにみる用語例

 国語教育の対象としてとらえられる

 国語とせりあうほかの言い方もあった

 日本語国語という表現を与えうる地盤

 日清戦争?国語の意識形成にあずかる

 漢語に対するものとしての国語

 江戸時代漢文の占めていた位置

 明治文語江戸時代漢文の延長

 学校教育に占める古典意義

 明治漢文教育

 漢文教育の終焉

 明治の意識における国語

  二 学制の目ざした国語教育

 国語教育への胎動

 学制のねらった小学校国語教育

 綴字単語会話の教科内容

 読本教科書の二傾向

 一つは道徳の教材を兼ねる

 一つは外国の教科書翻訳

 ここにみられる教化主義と開明主義

 民間編集読本が輩出する

 そのほかの読本

 教科書における種々の試み

  三 標準語への志向と小学読本変遷

 最初の国語教育の主眼は〈会話〉科

 教科書は〈談話体〉からみ〈文語体〉へ

 ふたたび〈談語体〉主流に

 俗語における共通性と規範性の背反

 標準語教育実践への第一歩

 デアリマス?の盛行と文語調の混入

 「ダ」と「デス」を採った《幼学読本》 

 仮名つかいと仮名字体統一

 国定小学読本の登場

 歴史的仮名づかいへの復帰

  四 明治文語の占める位置

 文章様式にみる明治の個性は何か

 明治初期の中学校では国語漢文であった

 明治文章様式を創造する悩み

 漢文中心の中学校教育の一例

 和文教科書文章を書くためのもの

 国文の名を冠した教科書の登場

 国文から国文学

 落合直文教科書意義

 国文読本からふたたび国語読本

 作文教育の領域


第四章 語彙世界明治を探る

  一 語彙のうえに明治維新はあったか

 時代につれる語彙の流動

 とらえがたい語彙の全貌

 顕微鏡ということばの教えるところ

 語彙の分野における明治維新意味

 維新当時の太政官布告

 江戸時代文体の継承

 維新までの漢語の位置

 漢語固有語の限界の意識はない 

  二 欧化の背後にある漢語の流行

 明治の初期に氾濫した漢語の様相

 どんな漢語が使われていたか

 ヘボンがひろった口語のなかの漢語

 漢語流行の背景にあるその有用性

 外国の固有名漢語の衣をきせる

 「石鹸」がのこり、「シャポン」が消える

 訳語に脈打つ漢語造語力

 明治翻訳語漢語

  三 舶来ことばのたどる適

 外来語日本人はどうみていたか

 明治中期には漢語の流行も自然な落着きへ

 外来語受け入れの三つの様式

 外来語の個別的な境涯差

 オランダ語出自の「フラフ」から「旗」へ

 流行語について

 漢字との結合の弱い語

 外来語漢字表記混種語の登場


第五章 方言の消長、

  一 明治の〈国語〉づくりと標準語

 明治政府の国家統一は言語の統一から

 「国語」ということば

 国語・国字問題の登場

 言文一致標準語の理念

 標準語はどう普及したか

 国語教育のなかの標準語

 ことばにおける東京中心主義

  二 方言撲滅運動への推移

 方言が悪いことばとされる

 方言コンプレックスということ

 新しい社会的分裂

 沖縄標準語教育

 標準語教育言語の単色化

 抽象的概念をあらわす語 

 標準語を話す経験

  三 共通語時代の到来と方言の運命

 標準語時代から共通語時代

 「共通語」という名をめぐって

 地域共通語の考え

 方言の存在を認める共通語の立場

 標準語は存在するか

 共通語時代の背景

 東京共通語の勢い

 方言の消えゆく道

 方言らしからぬ方言

 方言は生きのこるだけでなくうまれもする

 そもそも方言とは

 日本語の豊かさ

月報

民俗語彙ということば 大藤時彦

日本語のなかの朝鮮語 金思燁

編集部から(書評再録)


執筆者


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。