『日本語の伝統と現代』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『日本語の伝統と現代』

日本語の伝統と現代

日本語の伝統と現代

 濱口博章「『玉葉和歌集』の撰集と『萬代和歌集』との関係」

 宮岡薫「『続日本紀童謡と「識者以為」の表現

 小谷博泰「『万葉集』の表記と初期木簡―柿本人麻呂歌集の筆録をめぐって―」

 青木真知子和泉式部和歌

 岩井宏子「『古今集』の歌「天の川紅葉を橋にわたせばや」をめぐって」

 米山敬子「「宮人」考―和舞から宮廷御神楽へ―」

 新間一美源氏物語の歴史性について―天武天皇額田王像の投影―」

 源義春「『平家物語』における童子考」

 北川秋雄佐多稲子たけくらべ」論資料について」


 清瀬義三郎則府「上代語「加行延言」又は「久語法」の本質」?

 丸田博之「「博勞」という語について」?

 木川行央「関西方言における「のだ・のです」に該当する表現をめぐって」?

 蓮沼昭子「談話における「けっこう」について」?

 山崎恵「言語教育としての日本語教育と国語教育」?

 山田幸宏「身体と認識―イトバヤット語の場合―」


 高阪薫「心の環境問題から見た『枕草子』」

 真継伸彦「『歎異抄』の宿業観―十三条を中心に―」

 古藤友子「『五行大義』にみる式占の神々」

 神保全孝「「生者の奢り」の時代―「一字に千理を含み……」―」

 高橋健「『笑話の倫理』―グリムのメールヒェン集に於ける笑話の精神性について―」

 平野栄久「ポスト・モダン論とわたし」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。