『日本之教学』14

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『日本之教学』14

『日本之教学』

明治廿一年十月十日

故新居日薩上人肖像及略伝

仏教新論(接前) 井上圓了

基督教公許の建白 幻堂居士

宗教の自由 山陽逸史

印度哲学の実験 原坦山

仏教東洋文学との関係(第二) 南條文雄

僧侶速ニ普通教育ニ従事スベシ 島地黙雷

仏教者の徳義 佐治実然 演説体

神道ノ辨 内藤耻叟

佛耶両教の異同 辰己小次郎

包囲論 フルベッキ 演説体

高橋五郎氏ノ耶佛優劣私考ヲ駁ス 中西午郎

宗教論 三井西面

三協異同辯(接前) 上田将


史傳

ウイルバーフォース伝 接前


文苑

鵜飼徹定ほか


随筆

澤庵和尚ほか


叢話


雜録


寄書


雜報


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。