『方言学講座2東部方言』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『方言学講座2東部方言』

方言学講座

昭和36.3.31

昭和36.12.10 再版

一 東部方言概説 平山輝男


二 東部方言の語彙

 1北海道・東北  佐藤喜代治 31

 2関東東海東山 柴田武64


三 方言の実態と共通語化の問題点

 1北海道        芳賀綏

 2青森         此島正年

 3秋田         北条忠雄

 4岩手         小松代融一

 5宮城・山形      斎藤義七郎

 6福島・茨城・栃木   宮島達夫

 7群馬・埼玉      上野勇

 8千葉・東京・神奈川  加藤信昭

 9山梨・静岡・長野   馬瀬良雄

 10愛知・岐阜      鏡味明克

 11新潟         加藤正信


四 学校における方言共通語教育

 1東北・関東      近藤国一

 2東海東山      望月誼三

 3青森         日野資純

 4北海道        五十嵐三郎


筆者略歴

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。