『方言学講座1概説』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『方言学講座1概説』

方言学講座

昭和36.1.31

概説

 1方言の研究     東条操2

 2方言学言語地理学 柴田武22

 3音韻        楳垣実47

 4アクセント     平山輝男81

 5文法        金田一春彦97

 6語彙        大岩正仲

 7方言共通語教育  大久保忠利

 8方言の歴史-価値観の推移を中心として 塚原鉄雄

 9ドイツ国語教育 遠藤嘉基


わたしの方言研究

 1わたしの方言研究 楳垣実

 2わたしの方言研究 金田一春彦

 3わたしの方言研究 柴田武

 4わたしの方言研究 服部四郎

 5わたしの方言研究 平山輝男

 6わたしの方言研究 藤原与一

 7わたしの方言研究 柳田国男


主要な方言文献解読

 1明治以前の方言書 大田栄太郎

 2明治以後の方言学 日野資純

 3音韻アクセント 大島一郎

 4方言文法   都竹通年雄

 5方言集    林大

 6言語地理学  徳川宗賢

 7方言民俗学 大藤時彦


筆者略歴

索引

月報

「しあさって」「やなさって」 岩淵悦太郎

世界方言学会に出席して  グロータース

編集あとがき      大久保忠利

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。