『方言学概説』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『方言学概説』

武蔵野書院

昭和37.11.30

国語学会

序 時枝誠記

総説

 一 方言研究小史          東條操

  1黎明

  2新村・保科氏の方言研究

  3国語調査委員会の調査

  4大正時代国語方言区画

  5柳田氏と方言、「蝸牛考」など

  6国語方言学

  7方言学概論と方言辞典

 二 方言と方言学          金田一春彦

  1方言とは

   a国語方言

   b方言共通語

   c方言俚言

  2方言学とは

   a方言学の種類

   b本格的な方言学

   c比較方言学の原理

概説

 一 東日本の方言       野元菊雄

  1東日本方言

  2東日本方言の下位区分

  3南部方言

   a関東方言

   b京浜方言

   c残余の南部方言

  4北部方言

   a北方言

   b南方言

   c北海道方言

  5中間方言

   a南部-北部中間方言

   北部ー西日本中間方言

   c南部ー西日本中間方言

  6その他の方言

 二 西日本の方言         楳垣実

  1西日本の方言

  2北陸方言(西日本中心部東北区)

  3近畿方言(西日本中心部中央区)

  4四国方言(西日本中心部南西区)

  5中国方言(西日本周辺部)

  6雲伯方言(西日本外周部)

  7東九州方言(西日本周辺部)

  8西九州方言(西日本外周部)

  9南九州方言(西日本外周部)

 三 琉球の方言          上村幸雄

  1序論

   a名称

   b本土方言との関係

   c琉球方言の下位区分

   d首里・那覇方言文語

  2音韻

   母音

   子音

   アクセント

  3文法

   a動詞形容詞など

   b助動詞助詞

  4語彙


各説

 一 音韻              柴田武

  はじめに

  シラビーム方言モーラ方言

  シラビーム構造モーラ体系

  ズーズー弁四つがな

  古い方言と新しい方

  結び

 二 アクセント          和田実

  アクセントのアの字

  二拍名詞をめぐって

  乙種アクセント系の方言

  甲種アクセント方言

  九州二型アクセント方言

  一型アクセント方言

  代りアクセントと代り型と

  方言アクセント研究のいろいろ

 三 文法             南不二男

  1一般的な問題

  2一つの例

   a動詞に関したいろいろの形式を集めること

   b単語の認定

   c形態素

   d動詞の分類

   e語幹の整理

   f活用形構造

   g活用形の整理

  3むすび

 四 語彙              宮島達夫

   1 方言俚言

   2 語イの地域的分裂の特徴

   3 方言語イと標準語語イ

   4 方言語イ記述の一例


方言研究の方法

 一 方言地理学の方法        藤原与一

  1 名義

  2 方言学方言地理学

  3 目標

  4調査項目

   a方言音

   b表現

   c語詞

   d意義

   eアクセント

  5瀬戸内海言語調査のための調査項目

  6調査地点

  7調査結果の整一

  8協同調査の調査票

  9被調査者

  10整理と地図化

 二 方言調査法            愛宕八郎康隆神部宏泰

  1 調査体験

   a現地へ

   b被調査者を

   c対面

   d作業開始

   e作業のふしぶし

   f作業終了

   g辞去

  2調査法

   a理想的な被調査者

   b調査の現場

   c調査者の服装と姿勢

   d被調査者の待遇のしかた

   e応答の処理

   f自然調査の精神

 三 方言地図書き方読み方  W・A・グロータース

  1序

  2方言資料

  3基本地図

  4地形の説明

  5「くすりゆび」の方言分布

  6言語地図と錯視の危険

  7「くすりゆび」の方言分布の分析・解釈

   aクスリユビ系

   b孤立的諸系

   Cべニツケユビ等系

   dまとめ

  8結び



標準語方言

 一 共通語教育       青木千代吉

 二 標準語確立のために    都竹通年雄

  1はじめに

  2音韻

  3語法

  4語い

  5むすび

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。