『方言と標準語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『方言と標準語』

日本語方言学概説

大石初太郎上村幸雄

筑摩書房

昭和50.1.15

まえがき 大石初太郎

第一部 方言標準語

 一 日本語方言共通語標準語 上村幸雄

  1 方言という概念について

  2 日本語方言分布と下位区分

  3 日本語方言成立過程

  4 現代にいたるまでの日本語の発展

 二 東京話しことば  大石初太郎

  1 東京人の使っていることば

  2 東京語に対する批判

  3 東京語標準語

 三 話しことばと日常生活 宮地裕

  1 「イル」と「オル」

  2 話しことばラング的特性

  3 話しことば表現的特性

  4 話しことばの研究と教育



第二部 方言のくみたて

 一 方言音声アクセント 加藤正信

  1 音声音韻

  2 音素音韻体系

  3 対応、地理的分布、歴史の問題

  4 イとエの区別

  5 シとスなどの区別

  6 連母音ai,ae

  7 有声化鼻音化

  8 クヮ・グヮ

  9 セなどの音声

  10 特殊音と拍の構造

  11 アクセント

 二 方言の文法 上村幸雄

  1 まえおぎ

  2 文法的な手つづき

  3 名詞

  4 動詞

  5 形容詞、むすび(copula)

 三 方言の地理的分布  特に分布の内容について 徳川宗賢

   はじめに

  1 言語外要因との関係

  2 調査と作図

  3 言語の内部の問題

   おわりに


第三部 各地の方言

 一 北海道と東北北部の方言 北条忠雄

   〈北海道>

  1 北海道方言

  2 道南方言の北奥羽要素

  3 福島町白符

〈東北北部〉

  1 北奥羽方言

  2 理由表現からみた北奥羽方言の諸相

  3 音声

  4 アクセント

  5 動詞

  6 形容詞

  7 助詞助動詞を中心とする諸表現

  8 擬音(態)語 その創造と技巧

 二 東北南部と関東方言 飯豊毅一

 三 北陸の方言 岩井隆盛

 四 東海方言 南不二男

 五 近畿方言 奥村三雄

 六 中国方言 神部宏泰

 七 四国の方言 土居重俊

 八 九州の方言 上村孝二

 九 琉球の方言 外間守善

第四部 各地方言テクスト

 1 秋田の方言 北条忠雄

 2 栃木の方言  飯豊毅一

 3 八丈島の方言 上村幸雄

 4 能登の方言 岩井隆盛

 5 尾張の方言 山田達也

 6 京都方言 奥村三雄

 7 出雲の方言 南不二男

 8 隠岐の方言 神部宏泰

 9 土佐の方言 土居重俊

 10 薩摩の方言 上村孝二

 11 沖繩の方言 上村幸雄



書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。