『方言と共通語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『方言と共通語』

河出書房新社

方言と共通語 (ことば読本)

方言と共通語 (ことば読本)

標準語方言だ           藤本義一

共通語 岩淵悦太郎

ちりちりづん まんなご すんず

吉里吉里人は眼はア静がで…… 井上ひさし

名古屋弁できます 三國一朗

方言あれこれ 池田弥三郎

明治の〈国語〉づくりと標準語 柴田武

方言川崎洋

近代日本東京語世界 杉本つとむ

方言の復権 西島建男

母音過多症――母音を大事にする 前田勇

新方言の広がり 井上史雄

方言の運命――京ことばをめぐって 米山俊直

ブランコの話     柳田國男

日本列島ことばの旅 前田富祺

大阪言葉について 山本健吉

東北弁の使い方 竹浪りえ

   *

方言をめぐる20のQ&A  徳川宗賢

   *

東歌・防人の歌(抄) 編集部編

方言詩集まるめろ(抄) 高木恭造

薩摩狂句(抄) 三條風雲児?

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。