『新聞集成/明治編年史』4国会開設運動期

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『新聞集成/明治編年史』4国会開設運動期

『新聞集成/明治編年史』


30 文字を知るは生意気のもとと精々舎閉鎖さる

68 学士会院雑誌 乙吉

80 箱入り娘となる電話

156 芸者から幇間を「兄さん」と呼ぶ可らず

177 村会に字引入用

195 斯文広告 越中富山通信「此地は売薬商の諸国へ出づるが故に言語も他と異にして一種の風をなせり」

288 会話を木札に書いて巡査の外人糾問 アナタ鑑札ありますか

303 西洋の鳴物ピヤノ

361 隠語ナンセンス

392 感化院の名称

427 康熙字典活版復刻計畫 活字不足

454 鹿児島県長崎県の民風 「日用の文字を解するもの十分の一に居らずと云ふ」

460 小樽 象形文字

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。