『新村出全集』第九巻

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『新村出全集』第九巻

新村出全集第九巻』

     書誌典籍篇II

     史伝考証篇I

     書誌典籍篇II

典籍雑考抄

 序文

 老境の雑書雑読12

 近衛霞山公の『螢雪餘聞』18

 渡欧の船上より23

 最近読書の感想──図書館週間に於ける放送講演──27

 読書と玄米33

 書物の識語35

 鴎外日誌を読みて41

 生川正香の遺著数種44

 『内田銀蔵遺稿全集』を読みて50

 海密の王静安君

 内藤湖南博士の思出55

 佐藤鶴吉君を憶ふ60

 我田書志62

 『嵯峨本徒然草』68

 知遅集70

 『斎藤徳元集』について

 『片言解題75

 岩波文庫毛吹草解説86

 『伊京集解題90

 『日本霊異記』の仮名本96

 石上朝臣宅嗣卿顕彰碑98

 モリスを憶ふ

 アストン等の旧蔵日本書のことなど

 CLARKE氏の思出

 『デカメロン』の邦訳本

 明治初期の飜訳

 飯島花月紹介の「安政二年新渡和蘭書目

 柳亭種彦が『浮世形六枚屏風』の欧訳

 『西洋印刷文化史』

 「ラグーザお玉」──木村毅氏の事実小説──

 『東西喫煙史』

 『日本近世英学史』

 『続日本随筆索引

 『日本文学大辞典

 平凡社の『大辞典』第一巻を読む

 『修訂大日本国語辞典

 『大言海

 『日本文庫史』

 『日本蔵書印考』

 『金沢文庫叢書』の発刊

 自分の選集についての省慮


単行本未載篇

 辞書に苦楽す

 辞書懐古録

 古刊本辞書懐旧おぼえがき

 大槻翁の『大言海

 『大言海』後記

 『大言海』の一冊本を慶す

 『辞苑』自序・跋

 『言苑』序文・跋

 『言林』自序・跋・改訂版の序・新版序

 『小言林』序文・あとがき

 『国語辞典序文

 『新辞泉』序文

 『広辞苑』自序・後記

 『広辞苑』その後

 『日本古語大辞典紹介と推薦

  限りなき恵沢──『万葉辞典』──

 『民俗学辞典』を推称することば

 空前の『狂言辞典

 古典の新意義

 『平家物語』漫筆

 『方丈記』と『徒然草

 『芭蕉句集』について

 詩と真実──夏の朝、『日本紀』を読みつつ──

 『源氏物語の語法』序言

 『見た京物語解説

 『修證義』とわたくし

 家康公の図書事業

 久能文庫の事ども

 『古義堂文庫目録序文

 朽木昌綱の蘭文書簡

 私の秘蔵本

 愛執本と割愛本

 文庫懐旧談

 わが読書

 日本の紀元

 明治文化明治文藝──『明治文化史』「文藝篇」

 『大日本史の研究』を紹介する

 羽田亨博士の業績について

 書誌学と梅徳氏

 『日本色彩文化史』を読みて前田千寸翁を偲ぶ

 日本新聞を懐古して

 国会図書館の前途

 番茶を飲みつゝ皮肉を言ふ

 『鴎外全集』普及版の推賞

 "北蠻"への道草、──カムチャツカ探検記──

 『向日葵』

 谷崎潤一郎著『細雪』

 『日本における三年間』R・オルコック

 『欅中抄』をよみて

 萬造寺斉君の随筆集『春を待ちつつ』を推薦して

 日本女性史の先駆

 『洋人日本探検年表』跋文

 『日本語学書志』序

 『日本語原学序文に代へて

 『濃飛文教史』序

 『日本外来語の研究序文

 『西周全集』序

 『服部菅雄伝の研究』序

 序言一筆

 『語源覚書』に序して

 『芸亭院』序

 『言語史原理』序文


和紙研究篇

 和紙覚書(一)──(六)

 和紙外聞抄

 杉原紙源流考

 「椙原紙剳記」跋

 『名塩紙』序文

 『岡本村史』序文

 越後の小国紙

 和紙自讃他讃

 和紙の歌など

 紙漉の歌


     史伝考証篇I


史伝叢考

 序

 太極蔵主の聖徳太子

 真如親王の記念と新嘉坡

 真如法親王の記念碑を新嘉坡に建つるの議

 石上宅嗣芸亭につきて

 寧楽文化の極盛期と蕭夫子の招聘

 日蓮聖人の国難予言

 元大都大覚寺住持日本国沙門東洲至道

 桃源瑞仙の事蹟

 林宗二の事蹟

 『上野物語』のこと

 熊沢蕃山吉利支丹禁制

 契沖狂歌と若冲の書簡

 『茂睡論』を読みて東国を懐ふ

 音韻学者僧文雄

 慈雲尊者の母

 蒹葭堂の一遺著に就て

 司馬江漢と駿府及庵原

 山梨稲川の人物学問の大観

 高橋作左衛門景保の事蹟

 伊勢漂民光太夫等の事蹟

 蘭学者としての象山先生

 先覚者としての佐久間象山

 佐久間象山と写真

 京都近代学術史論


 文雄上人の伝統及び其著書

 象山先生を追慕して

 象山先生を慕うて


解説

寿岳文章

小葉田淳

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。