『新日本語講座4日本語の歴史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『新日本語講座4日本語の歴史』

編集 岩淵悦太郎飛田良文 ■汐文社

1975年11月5日 第一版第一刷発行

第一章 言語は変化する 佐藤喜代治

 一 語形の変化 エからイヘ

 二 語形の変化 イからエヘ

 三 東国語におけるイとエ

 四 言語変化の要因

 五 外国語の影響


第二章 日本語の系統 村山七郎

 一 言語年代学と"水深測量"

 二 朝鮮語日本語

 三 文献以前の日本語


第三章 日本人文字との出会い 阪倉篤義

 一 漢字文化の移入

 二 漢字の受入れと帰化人

 三 尊重から同化へ、漢字横文字

 四 日本文化の運命と漢字



第四章 国語音韻の史的変化 奥村三雄

 一 国語音韻の史的変化

 二 音韻史と変化の概念

 三 音韻変化の記述とその対象

 四 国語音韻変化とその原甲i外部的要因

 五 音韻変化の考察に関する問題点

 六 音韻変化アクセント変化

 七 国語アクセントの史的変化

 八 アクセント変化とその方向

 九 アクセント変化原因


第五章 生活の変化と語彙の消長 前田富祺

 一 生活語彙史について

 二 衣生活の変化と語彙の消長

 三 食生活・住生活の変化と語彙の消長

 四 おわりに


第六章 文法変遷日本人の論理 吉田金彦

 一 万葉「月はみつれども」の解釈

 二 万葉「妹はみつれて」 「みつれにみつれ」の解釈

 三 「みつれて」 、みつれにみつれ」の語法について

 四 「みてる」の発達と歴史

 五 「みてる」の意味変化

 六 反対の意味派生日本人の論理


第七章 待遇表現の移りかわり 蜂谷清人

 一 はじめに

 二 奈良時代待遇表現自敬表現

 三 待遇表現の複雑化と『枕草子』の記述

 四 丁寧語の発達と狂言名ノリの指定表現

 五 待遇表現の命令の形をめぐる問題

 六 「遊ばせ詞」の移りかわり

 七 結び


第八章 日本語の歴史 小林芳規

 一 書く生活と仮名符号

 二 片仮名字体変遷

 三 符号成立変遷

 四 終りに


第九章 表記変遷 馬淵和夫

 一 表記表記法

 二 奈良時代以前の表記

 三 奈良時代表記

 四 平安時代表記

 五 後代へのつながり


第十章 現代日本語の形成 飛田良文

 一 江戸時代から東京時代

 二 江戸語の衰退

 三 地方語の混入と同化

 四 男性ことばの形成

 五 女性ことばの形成

 六 標準的話しことばの確立


書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。