『文献探究』19

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

『文献探究』19

『文献探究』

1987年3月31日発行

*

高山倫明「『東洋客遊略』の音訳漢字表記について」

坂口至紀海音用語意識 ―韻律の観点から―(下)」

山崎正純「「小林秀雄論ノ―ト(1)―ヴァレリ―的知性の呪縛―」*1

若木太一「唐船持渡りの書類と文具 その五」*2

蔡京希・權奇沫「韓国語動詞分類試論」*3

崎村弘文韻律論のために」

江口泰生「〈研究余滴〉佐賀方言の「動作進行態」と「状態継続態」」


編集後記(山崎・江口)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。