『敬語講座1敬語の体系』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

『敬語講座1敬語の体系』

昭和49年1月20日 初版発行

明治書院


敬語本質と現代敬語の展望 大石初太郎

 一 敬語はなにを表わすか

  言語における敬語の位置

  敬意敬語

  敬語の効果

 二 敬語はなにによって成り立つか

  社会的意識と敬語

  敬語の変化

 三 敬語の今日と明日

  敬語近代

  敬語の乱れ

  敬語の将来


敬語体系 南不二男林大林四郎芳賀綏

現代敬語体系

 一 記述の前提

  目的・対象

  分析の観点

  敬語表現の全体的システム

用語の定義

  記述のあらまし

 二 敬語要素のいろいろ

  言語的要素

  随伴的要素

  非言語的要素

 三 敬語意味

  意味構成要素

  意味構造

 四 選択の条件

  外的条件

  内的条件

 五 討論

  原案

  敬語の一般的性格に関して

  敬語体系の記述について

敬語行動の諸条件

 一 表現に影響すべき諸条件

  言主の性向・態度

  場面

  相手

  表現内容への認識

 二 変容すべき言語内容

  言主のそのときの態度、発言の時機

  話題とその展開

  詞的内容

  辞的内容

 三 討論

  言主について

  場面について

  言語内容について

  相手について

  再び言語内容について

  言語随伴行動および非言語行動について


敬語表現の原理 藤原与一

    序説

 一 何が人間に敬語行動をさせるのか

  「ていねい」意識

  社会の人間関係――その風土性

 二 婉曲法 敬語法成態の原理

 婉曲法

  日本語の構造と婉曲法-日本語「文表現法」の文末決定性

  待遇表現の情緒的展開

  場面に即する婉曲法

 三 敬語表現分化

  敬語表現分化の理

  文法分化

  音声敬語法

  文字表記上の敬卑層序

 四 敬語表現と人

結語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。